globalforce.link通信 [2015.10.7.]

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

グローバルフォース・ドット・リンク通信
(第0002号)
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
【発行日】2015.10.7 【発行部数】273

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・globalforce(高度外国人)に関連する人財活用のエッセンス、採用、教育 ・
・本音トーク、法令関連にいたるまで、さまざまな情報を発信します。  ・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

$$$name$$$さま、お元気様でございます。
異文化コミュニケーション研究所(R)の島崎です。

ご案内しております「globalforce circle勉強会」ですが、多くの企業様から
「年6回の勉強会への継続参加は難しい」とのご意見を頂きました。そのため
まずは多くの企業さまに、globalforceの活用に関する理解を深めて頂くこと
が大切なので、下記のように変更をすることと致しました。

(1)日 程  :定期的な開催
(2)会員制度 :会員規約をやめる(個別自由参加)
(3)料 金  :当面「無料」とする

多くの企業様のご参加お待ちしております。(^^)

尚メールが不要の方は、このメールに一番下に配信停止ができるURLがござ
いますのでクリック下さい。

———————————————————————-
■トピックス■
1.今週のフォーカス「globalforceに輝いてもらうために」
2.勉強会・セミナー等のご案内
3.摩訶珍(まかちん)編集後記
———————————————————————-
┏━┓
┃1┃今週のフォーカス「globalforceに輝いてもらうために」
┗━┛

既に、日本のトップ企業の多くで、たくさんの留学生たちが雇用されています。

日本人に交じって、普通に採用試験を受け【狭き門】を通過し入社しています。

今まで、さまざまな業界の大手企業の方にお話を伺いましたが、特に留学生枠
がある訳ではなにのに、私感ではありますが、採用の「3~5%」がいつの間
にか外国人になっているという感触です。某商社では、気が付けば採用の過半
数が外国人と女性になりつつあるほどです。

それらの企業は、採用にあたって外国人であっても差別していないところです。
つまり、彼らは優秀な人財なのです。

彼らの活躍に将来を期待したいところですが、企業の体制に大きな「不安」を
感じます。誤解を恐れずに申し上げると、それは、ほとんどの企業で
globalforce(高度外国人)の彼らを他の日本人と全く同じに扱っていることです。

それは、知らず知らずのうちにglobalforceを私たち日本人と「同一化」「同
質化」させてしまう可能性があります。それでは、日本人の持ち合わせていな
い彼らの【多様性】を失ってしまう可能性がある。

ある企業に勤めているglobalforceに話を聞いたところ、会社も仕事も同僚に
も恵まれているにも関わらず、常に「日本式」に合わせている自分にストレス
を感じるときがあると話していました。

特別扱いをしろと言うのではありません。ただ、『多様性を受け入れる社会』
から『多様性が育まれる社会』を目指さなければ、globalforceに活躍を期待
することは難しいと考えます。

あなたの会社ではどうでしょう?globalforce輝いていますか?
┏━┓
┃2┃勉強会・セミナー等のご案内 [事前申し込み要]
┗━┛

冒頭に書いたように、globalforce circle勉強会は無料と致しましたので、
多くの企業のご参加をお待ちしております。(先着30社)

(1) Active Inspire Seminor・globalforce circle勉強会【無料】
第1回テーマ
『globalforce(高度外国人) が
やる気を起こす「キャリアパス」のポイント 』
——————————————————
日時:平成27年10月22日(木) 14:00-16:00
場所 : 星陵会館 3A
東京都千代田区永田町2丁目16-2

http://www.seiryokai.org/kaikan/map.html

[詳細: http://globalforce.link/?page_id=1260]
[案内:http://globalforce.link/db-box/wp-content/uploads/2015/09/913216a1c4d9f3bb519009d48a43ab77.pdf]

世界中にいる優秀な人財を活用することが、日本企業にとっても命題にな
っています。ところが、海外からの留学生のようなglobalforce(高度外国
人)に関する教育・活用のノウハウを日本企業のほとんどが持っていません。
そのため、せっかく採用してもglobalforceにとっても、企業にとっても
残念な結果なってしまうことがあります。

この勉強会は、globalforceを活用する企業の経営者ならびに人事・採用・
教育部門の皆様方と共に、今あるさまざまな課題を、未来への礎に変えて
いくものです。
(2) 川崎市産業振興財団主催 経営人材育成セミナー【無料】
『外国人採用・成功する10の秘訣』
——————————————————
日時:平成27年11月19日(木) 14:00-16:00
場所:川崎市産業振興会館 11階第6会議室
神奈川県川崎市幸区堀川町66番地20

http://www.kawasaki-net.ne.jp/kaikan/access.html

[詳細: http://globalforce.link/?page_id=199]

優秀な日本人が雇えないから外国人を雇うという消極的な理由ではなく、
成長のために「高度人財」の外国人留学生を活用する選択肢があります。

今回のセミナーでは、日本の置かれている状況を再認識して頂き、企業が
進むべき道を問い直して頂きます。その上で、さまざまな企業の成功事例、
失敗事例から抽出したエッセンスを元に、高度人財の外国人を雇用する際
の注意すべき点、準備することをご説明します。
┏━┓
┃3┃摩訶珍(まかちん)編集後記
┗━┛
小さな畑を借りています。仕事をしながらですから、畑に出向けるのは週に
一度ほど。いけない時もあります。もちろん無農薬です。

今は、秋冬野菜を植えているのですが、彼らは本格的な冬が来る前に大きく
ならなくてはならないためか、夏野菜よりも生命力を感じます。

スーパーで売られている野菜は、規格品で大きさも品質も一定ですが、実際
の畑でできる野菜はそれぞれに個性があります。形は不揃いでも、土と
お天道様の育ててくれた野菜は旨い。いつも感謝して食べています。

人も同じ。不揃いが本来なのでしょう。そして、しっかり育った野菜が美味
しいのと同じで、それぞれの個性を生かしてやれば、企業で活躍するものだ
と思います。

————————————————————-
△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
異文化コミュニケーション研究所(R)のミッション
『日本を、世界中の優秀な人財が活躍する国にする』
~ 多様性のあるglobalforce(高度外国人)を活躍へ導く ~

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

───────────────────────────

┘┘┘┘┘異文化コミュニケーション研究所(R) (iCCC)
┘┘┘┘ http://www.globalforce.link
┘┘┘  横浜市神奈川区青木町3-15 SSビル201号室
┘┘   Tel:045-307-8248(代) FAX:045-461-1577
┘    代表取締役社長 所長 島崎ふみひこ
───────────────────────────
(当研究所は、株式会社フィギュアネットの事業部です。)