44.さあ、行こう留学だ![2000年8月10日発行]<第44話 アイスクリーム屋>

2000年に発行したメールマガジンのため、現在使われていないメールアドレスや、内容がそぐわない情報もございます。何卒ご理解のほどお願いいたします。


 

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
さ あ、 行 こ う 留 学 だ !
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

   発見とハプニングの連続。留学はとてもエキサイティングな人生の
「探検」だ。さあ、君も行こう留学へ!!

■ 今週の <目次>————————————————■
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
★ 著者から       ………….. あと一名!
★ さあ、行こう留学だ! ………….. 第44話 アイスクリーム屋
★ How to Study English …………..  世界史の教科書(その13)
★ 英語の表現コーナー  ………….. A celebrity is   ….
★ お知らせ       ……. NPO-ARIGATOU準備委員会活動状況報告

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
==[PR]==================================================================
☆ PRを載せてくれる企業 大募集! ☆
連絡先:クリスタル島崎 crystal.shimazaki@nifty.ne.jpまで
========================================================================
____________________________________
【著者から】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
皆さん、コンニチハ!

アッという間の1週間で、今日は気がついてみれば既に木曜日!(@_@)
メールマガジン発行日でした!(f^^;)
いかんですね~。本当に、こんなんじゃ。

今日から1週間会社が夏休みなので、遅れ気味の勉強のリカバリーを
はかりつつ、ジムにでも通って体力作りに勤しむつもりです。

それにしても暑いですよね~。

おっと、それから郵便局に行く時間がなく遅れに遅れましたが、今ま
でご要望のあった方全員に昨日Incense送らさせてもらいました。会社
の封筒しかなかったので、驚かれるかもしれませんが、裏にCrystalと
ありますので、ご安心下さいね。さて、あと一名分ですが他にどなたか
欲しい方がいたらメール下さいね。

それじゃ!

____________________________________
【さあ、行こう留学だ!】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
<第44話 アイスクリーム屋>

あまりにも暑いので、今回はニューヨークのアイスクリーム屋さんの話を
ご紹介します。(^^;)

ニューヨークの夏は暑い!本当に、暑い!
コンクリートの塊みたいな街並だから、日が落ちても熱を持ったままジワ
~と暑さが残る感じだ。

夕方ビジネスマンたちが帰路に着くころ、道端では、いろいろな人達がパ
ーフォーマンスをしたり、路上販売をしたりしている。マ~、アジアの様
に道の両端を埋めつくすことはないが、1ブロックに一人くらいの割合で
興味深いものが見れる。

一度なんてなんと「鞭」を売っていた。(^^;)
背の高い黒人のお兄さんが道を歩きながら、ピシ~ピシ~と音を立てて
『その関係が好きそうな人(?)』に声を掛けていた。「こんなもん
売れんのかいな?」とは思ったが、買う人がいるから売っているのだろう。
まさに、市場経済そのものだ。(ほんまかいな?!)

さて、私が居候させてもらっていた方のアパートはクイーンズにあった。
王国ではないアメリカにはQueenがいるはずもない、ましてや複数形にな
っているのでその由来が気に掛かるところだが、マ~今回の話には関係な
いので、話を進めよう。(^^;)

Queensなんてついているから、よっぽど高級住宅街かと思いきや、残念な
がら以前書いたサウスブロンクスに近い雰囲気で、夜なんか一人で歩くの
はちょっと恐い雰囲気だ。

居候させてもらって文句を言う気はないのだが、そのアパートにはエアコ
ンがなかった。ジョージア州に住んでいたので、暑さには慣れているはず
だったが、さすがに夜の寝苦しさはたまらなかった。コンクリートが熱を
もっているので一向に温度が下がらない。

あまりの暑さに、窓の側にベットをくっ付けて熱帯夜の寝苦しい夜を過ご
したのを覚えている。

たしか部屋は4階にあったので、窓を開けっぱなしにしても泥棒が入りこむ
こともないと思い、昼間も熱がこもるので窓を明けっぱなしにして外に出
かけていた。そのため、一度なんて雷雨に襲われてしまい、帰ってみると
ベットはびしょ濡れ、英語の辞書は容積が2倍くらいに膨れ上がると大変
だった。

いまだにその辞書は使っているが、ページがくっ付いてしまって、めくる
のに骨が折れる。けして私は勉強家ではないが、そんな辞書を使っている
と、よく「やっぱり辞書を使いこなしているんですね~!」と誉められる
ので、本当の理由が言えないときにはちょっと恥ずかったりする。
(f^^;)

しかし、そんなニューヨークの夏も悪いことばかりではない。そう、突然
の夕立は心踊るものがあるのだ!もちろん涼しくなるからというのも、一
つの理由だが、本当の理由はいたって「不純」だ。(f^^;)

日本人に比べると、アメリカ人は濡れることに対してあんまり頓着しない
人種らしい。日本人のビジネスマンなんかは、夕立が止むまで軒先で雨宿
りをしているのだが、アメリカの人達は平気な顔をして歩いている。もち
ろん、彼らだって濡れるのだが、あまり気にならないようだ。

その夕立の中、Tシャツ姿の女性は結構セクシ~!(ウッ、セクハラ寸前か
!?!)ノーブラで濡れたTシャツ…。ここから先は、私の品位が落ちる
のでご想像にまかせるが、夕立も楽しいものだ。アハハハハ…

いかん、いかん、反省!(^^;)

いやはや、それでは本題に入ろう。
夏と言えば、アイスクリーム。屋台で売っているのは、ちょっと衛生面で
不安が残るが、お腹をこわすことを気にしていては外国生活はできないか
ら、一度や二度苦しむことは覚悟をして、何事にもトライしてみよう。
何事も、人生経験だ。自己責任で、どんどんいろいろなことにトライして
みるといい。チョットム無責任カナ?!(f^^;)

さて、ここで紹介したかったのは、ニューヨークのはずれにあった「アイ
スクリーム屋」さんだ。そのアイスクリーム屋は対面販売をしているのだ
が、日本とは一味違った趣だった。

お店の基本的な構造は同じなのだが、日本では想像もつかない作りになっ
ていたのだ。

なんと、お店の人とお客さんの間に、10cm位もありそうな分厚いガラ
スの壁があるのだ。安めの防弾ガラスなんだろうが、斜めから見ると何層
にもガラスが重なっていて、非常に物々しい。

しかし、読者の諸君は「どうやってアイスクリームを販売するだ?」と素朴
な疑問が湧いてくるに違いない。そこで、ちょっと図で説明してみよう、
上から見ている図面だ。線の部分は、10cmほどのガラスのこと。
お店のおねえちゃん側

__________   __________
| |
| |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

お客さん側

ちょっと分かりずらいかもしれないが、隙間から商品やお金のやりとり
をするので、拳銃をお店の人に向けることができない仕組みになってい
るのだ。

アイスクリーム屋なんて、たいしてお金があるとも思えないが、こうで
もしないと危なっかしくて商売なんてやってられないのだろう。つくづ
くニューヨークの怖さを感じだものだ。

その点日本も物騒にはなってきたとは言え、まだまだ安全な国だと思う。

さてさて、今宵も熱帯夜。
タオルケットを蹴飛ばして、お腹を出して寝る癖のあるアナタ!
風邪をひかないように気をつけましょうね~。

そりゃ私のことか(f^^;)
それじゃ!

____________________________________
【How to Study English】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
難しい英語ですよね~。タイプしている私も正確に訳せる自信がなか
ったりして….。(f^^;)

|辞書を引いて英語のペースを乱すようなことのないように、とに|
|かく読み進む練習をして下さい。興味のあることに集中して英文|
|を読むことは、大変勉強になります。            |

(注意)歴史の教科書とは言っても、すべての事実か書かれているとは
かぎりません。また、本当に事実かどうかは別の視点で読む
必要があります。人間は私も含めて偏見の塊ですから….。
<The climax of imperialism and the beginning of a new
era in Japan>

* Policies of moderation in international affairs *

During much of the 1920s Japan’s international policy was on the
whole conciliatory, as illustrated by the Washington Conference of
1921-1922, which produced a Naval Arms Limitation Agreement, a
Nine-Power “Open Door” Treaty concerning China, and a Four-Power
Pacific Pact. The Japanese accepted a limitation of Japan’s
battleship tonnage to a figure three-fifths that of the United
States and of Britain, and agreed to terminate their alliance of
twenty years’ standing with Great Britain. The Four-Power Pact
which replaced the alliance was based on nothing more substantial
than the promise of friendly consultation on problems of the
Pacific and pledges to maintain the status quo in regard to
fortifications in this area. The Nine-Power Treaty, affirming the
principle of the Open Door, actually restored nothing to China,
but the Japanese delegates, in private conferences with the Chinese,
promised that their government would withdraw its troops from
Shantung and return the administration of the province to China,
leaving Japanese interests represented only in the form of private
capital investments. This action was carried out as promised
before the close of 1922. Many Japanese businessmen were convinced
that the cultivation of friendly relations with the sprawling
mainland state would pay far bigger dividends than would the
seizure of territory by force and at the risk of inviting a
boycott of Japanese trade.
◇◆クリスタルのひとり言◆◇
歴史とは、表面に残った事実の裏に潜んだ人間の感情を汲み取ることが
重要だと思っています。自分が当時の総理大臣だったら、自分が当時の
庶民だったら、自分が同時の軍部の人間だったら、….と、思いを馳せ
て夏の夜長を過ごしてみては?  (^^)
____________________________________
【英語の表現コーナー】English
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
☆  まず意味を自分で考えてから、【お知らせ】の最後にある「訳」   ☆
☆  を読んでくださいね。(^^)                   ☆

A celebrity is a person who works hard all his life to become
well known, and then wears dark glasses to avoid being recognized.

____________________________________
【お知らせ】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
NPO-ARIGATOUの準備、今週も何も出来ていません。

冗談抜きに、対応策をねらなければならないのですが、正直いって
精神的にも、時間的にも辛いものがあります。せめて、この休み中に
計画を練りなおしたいと思っているのですが、….。

次回には、何かご報告ができるように頑張りますね。
下記は、まだまだ募集中!
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆–横浜近辺にお住まいの方で実作業(月に1回+αの打ち合せ、—☆
☆–及び作業)をお手伝い頂ける方を募集します。メールでご連絡–☆
☆–下さい。お待ちしています。——————————–☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

───────────────────────────────────
【英語の表現コーナー】Japanese

有名人とは、人に知られるために生涯働き通し、その後には人目
に付くのを避けるためにサングラスを掛ける人のことである。

Fred Allen (U.S. Comedian; 1894-1956)

<確かにその通りですね~。でも、売れなくなった芸能人も寂しい
ものですよね。浮世ですかね~。>

───────────────────────────────────
【あなたも参加しませんか?】
★ 留学経験者(留学中)の皆さんへ
あなたの、とっておきの「エピソード」をお待ちしています。
★ 留学に興味のある皆さんへ
留学に関するご質問をお受けします。
★ ご意見のある方へ
お手柔らかに…..(^^;)
★ご質問等に関しては、匿名にてメールマガジンに採用させて頂く
ことがありますので、ご了承下さい。
★登録、削除に関する対応はしていないので、あしからず。
>>>>>>>  mailto: crystal.shimazaki@nifty.ne.jp   <<<<<<<<<<<
───────────────────────────────────

◇ メールマガジン『さあ、行こう留学だ!』    配信総数:1,104
◆   まぐまぐ(ID:18707):http://www.mag2.com/    [配信数:917]
◇   Pubzine (ID:2591) :http://www.mag2.com/    [配信数:126]
◆   Macky!  (ID:1824) :http://macky.nifty.ne.jp/[配信数: 61]
◇ 発行日 :2000年8月10日 週刊(毎週木曜日発行)
◆ 編集発行:クリスタル島崎 mailto:crystal.shimazaki@nifty.ne.jp
◇ HomePage:http://www.figurenet.com
◆ NPO-ARIGATOUメーリングリスト:  bestnpo@mail.cocode.ne.jp
◇ Copyright(C)1999-2000 crystal_SHIMAZAKI All rights reserved.

_/_/_/_/_/_/_/ ◇ Let’s Go! Study Abroad ◇ _/_/_/_/_/_/_/