58.さあ、行こう留学だ![2000年11月23日発行]<第58話 アメリカンドリーム>

2000年に発行したメールマガジンのため、現在使われていないメールアドレスや、内容がそぐわない情報もございます。何卒ご理解のほどお願いいたします。


 

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
さ あ、 行 こ う 留 学 だ !
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

   発見とハプニングの連続。留学はとてもエキサイティングな人生の
「探検」だ。さあ、君も行こう留学へ!!

■ 今週の <目次>————————————————■
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
★ 著者から       ………….. 休んでゴメンナサイ!
★ さあ、行こう留学だ! ………….. 第58話 アメリカンドリーム
★ How to Study English …………..  世界史の教科書(その27)
★ 英語の表現コーナー<ジョーク編> .. A man wants to  ….
★ お知らせ       ……. NPO-ARIGATOU準備委員会活動状況報告

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
==[PR]==================================================================
☆ PRを載せてくれる企業 大募集! ☆
連絡先:クリスタル島崎 crystal.shimazaki@nifty.ne.jpまで
========================================================================
____________________________________
【著者から】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
皆さん、コンニチハ!

先週はお休みをしてしまいました。ゴメンナサイ。

案の上、風邪が悪化してしまい2日ほど会社は休んで寝こんでしまい
ました。その後も、忙しさのあまり残業で帰宅は10時過ぎが続き、
疲れと「だるさ」で帰ってからはバタンキュ~。

時折まだ喉の具合が悪くなるときもありますが、体のダルさは取れた
ので今日から再開です。

皆さんも気をつけて下さいね。

今回は、元気をつけるためにも日本人版「アメリカンドリーム」の
お話をしたいと思います。 (^_-)

そんじゃ!

____________________________________
【さあ、行こう留学だ!】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
<第58話 アメリカンドリーム>

不遇の人が努力を重ねてビックチャンスをつかみ、途方もない
富と名声を得る。アメリカンドリーム….、とっても良い響きで
すよね。夢を抱く人にとってはたまらない言葉。

序列や古臭い慣習に縛られずに、個人個人がその人の持っている
個性で自由闊達に渡り歩く。アメリカはそんな可能性が他のどこ
の国よりも多くあるところだと私は思っています。

私がアメリカンドリームという言葉で一番始めに思い出す日本人
は、ご存知「ベニハナ」ステーキチェーン店を展開したロッキー
青木氏です。

これから書く内容は、ある日本人留学生から聞いた話の受け売り
で、真偽のほどは定かではありません。機会があったら彼の伝記
を是非読んでみたいと思うのですが、私の聞いた彼の歩みはアメ
リカンドリームそのものでした。その内容があまりにも衝撃的だ
ったので、この機会に皆さんに紹介したいと思います。

彼はアメリカ、ニューヨークにいた貧乏留学生だったそうです。
彼は、生活のために仕事をする必要があり、収入が良いとの理
由で「アイスクリームの屋台」を始めました。

しかし、今から30年ほど前のアメリカ、黄色人種のやっているア
イスクリーム屋になんて見向きもされなかったそうです。来る日
も来る日も売れない毎日が続き、彼は悩みま、考えました。

….そうだ!!
人が売りに行かないところへ行こう!

そして彼は、危険なハーレムへ屋台を引っ張っていったそうです。

すると、今までの売れない日々が嘘のように、アイスクリームは
飛ぶように売れたそうです。もちろん、彼は場所を変えただけで
はなく、アイスクリームを買ってくれた子供に折り紙を作ってあ
げたりと、努力は忘れませんでした。

ハーレムは危険な地域。やはり強盗にもあったりと、危ない想い
をしたとのことですが、それでもめげず彼は頑張りました。

その上、彼は毎日コツコツ$10づつ銀行に貯金をしていきまし
た。毎日、毎日欠かさずです。

それから一年ほど続けたときに、銀行の支店長が彼に声をかけて
来ました。

「あなたは、毎日欠かさず$10一年間貯金を続けました。
その律義さ、まじめさに敬意を示します。あなたがビジネ
スを始めたいと望むなら、あなたの貯金の倍の金額を融資
しましょう。」

アメリカンドリームですよね!\(^o^)/

日本では、アルバイトの学生がいくら毎日欠かさず千円ずつ貯金
をしたとしても、絶対に銀行の支店長がその金額以上のお金を融
資してくれるなんてことはないでしょう。保証金か、担保を要求
されるのがおちです。

さて、青木はそのお金を元に「ベニハナ」のステーキ屋をニュー
ヨークに開きました。

….しかし、まったく客が来ない!!

また、彼は大きな壁に直面したのです。それでも、彼はやはりめ
げませんでした。

そして、何をやったかというと、

….な、なんとあの有名なタイムズスクエアーへ鉄板を持って行
き、あの見ているだけで楽しいペッパーミルをくるくる回したり
する独特の調理を披露したのです!!

もちろん、そんな「ストリートショウ」を見たことのないアメリ
カ人たちは、どんどん青木の回りに集まりました。

その様子は容易に想像できますよね。(^^)

そして、奇跡がまた起こりました。

その様子を上から見ていた雑誌「TIME」の記者がその奇妙なステ
ーキ屋「ベニハナ」を雑誌に紹介したのです。

それから「ベニハナ」ステーキチェーンは破竹の勢いでアメリカ
中に展開されていきました。

なんと、素晴らしい話しでしょう!これは、まさにアメリカンド
リーム。

最後に、ロッキー青木氏の「成功の秘訣」をご紹介しましょう。

それは、以前も紹介していますが
『成功している自分をイメージすること』だそうです。

たとえば、超高級車が欲しいと思ったら、その車を背景にして
自分の写真を撮る。この車は、自分の車だ!と念じて毎日その写真
を眺めると、数年後には自分の物になっているそうです。

何とも、アホな!って思われるかもしれませんが、科学ではまだ
解明されていないだけで、私たちにはその力があるのかもしれない
と私は思っています。

さあ、あなたも、あなたなりのアメリカンドリームを捕まえません
か?

素敵な人生のために!

それじゃ!!
____________________________________
【How to Study English】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
さあ、今回も日本の近代史を英語で読んでみましょう!

|辞書を引いて英語のペースを乱すようなことのないように、とに|
|かく読み進む練習をして下さい。興味のあることに集中して英文|
|を読むことは、大変勉強になります。            |

(注意)歴史の教科書とは言っても、すべての事実か書かれているとは
かぎりません。また、本当に事実かどうかは別の視点で読む
必要があります。人間は私も含めて偏見の塊ですから….。
<The climax of imperialism and the beginning of a new era in Japan>

* The Constitution of 1946 *

One of the first major tasks of the Occupation authorities was
to furnish Japan with a new constitution grounded in democratic
principles. A draft prepared by a group of Japanese consultants
was replaced by an American document, which was approved by the
emperor and formally promulgated by him in the Diet in November
1946. It went into effect in May of the following year. Breaking
cleanly with tradition and with the Constitution of 1889, it
declared that sovereignty lay with the Japanese people and left
the emperor with only formal powers like those of the British
monarch. The new Constitution contained an elaborate Bill of
Rights, in which to the normal civil liberties were added such
benefits as the right to work and to bargain collectively, social
equality , and equality of the sexes. Universal adult suffrage
was established, with a bicameral Diet, and a cabinet responsible
to the House of Representatives. The Constitution also incorporated
the American principles of separation of church and state and
judicial review acts of the legislature. Particularly arresting
was Article 9, which declared that “the Japanese people forever
renounce war as a sovereign  right of the nation” and that “land,
sea, and air forces, as well as other war potential, will never
be maintained.” Its highly utopian flavor made the new Constitution
one of the most remarkable documents of its kind ever issued. If
its principles could have been carried into active and complete
realization, they would have made Japan a more advanced democratic
nation than the United States.
◇◆クリスタルのひとり言◆◇
素晴らしいと思うのですが、日本人が作った憲法案を蹴ってアメリカ人の
作ったものを選んだと正直に書いてある点。また、憲法第九条に関して、
一番最後の If its principles could have been….は何とも、深い意味
が含まれていると私は思ってしまいます。

難しくても、何度も読んでみて下さい。utopian…日本は架空の理想郷に
なっているのに、未だにして憲法改正に関してまともな議論さえできない
のですから、愚かな民主主義の国ですよね。

____________________________________
【英語の表現コーナー】English <ジョーク編>
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
☆–海外のビジネスマンたちと食事をとると、ジョークを言い合って–☆
☆–誰が一番楽しい話ができるか競うことがあります。そんなときに–☆
☆–と思って集めたジョークをこれからご紹介していきますね。(^^)–☆
☆–笑って英語を勉強して下さい。–☆

A man wants to celebrate his wife’s Birthday by throwing a party.
So he goes to order a birthday cake.The salesman asks him what
message he wants to put on the cake.

Well he thinks for a while and says let’s put,

“you are not getting older you are getting better”.

The salesman asks “how do you want me to put it?”

The man says,
Well put “You are not getting older”, at the top and “You are
getting better” at the bottom.

The real fun didn’t start until the cake was opened the entire
party watched the message decorated on the cake

“You are not getting older at the top
You are getting better at the bottom”
____________________________________
【お知らせ】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

体力が落ちているときには、仲間がほしいな~と思ってしまいます。

下記は、まだまだ募集中!
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆–横浜近辺にお住まいの方で実作業(月に1回+αの打ち合せ、—☆
☆–及び作業)をお手伝い頂ける方を募集します。メールでご連絡–☆
☆–下さい。お待ちしています。——————————–☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

───────────────────────────────────
【英語の表現コーナー】ちょっと解説!

* ジョークの場合、英語自体はシンプルなので、特に訳をつける *
* 必要はないでしょう。笑いのポイントだけ解説しますね。   *

さてさて、どなたか最後の部分、日本語に訳してくれますか?

“You are not getting older at the top
You are getting better at the bottom”

ウイットに富んだ訳をお待ちしております! (^_-)
最優秀作品には、素敵なクリスマスプレゼントが貰えるかも!

───────────────────────────────────
【あなたも参加しませんか?】
★ 留学経験者(留学中)の皆さんへ
あなたの、とっておきの「エピソード」をお待ちしています。
★ 留学に興味のある皆さんへ
留学に関するご質問をお受けします。
★ ご意見のある方へ
お手柔らかに…..(^^;)
★ご質問等に関しては、匿名にてメールマガジンに採用させて頂く
ことがありますので、ご了承下さい。
★登録、削除に関する対応はしていないので、あしからず。(^^;)
>>>>>>>  mailto: crystal.shimazaki@nifty.ne.jp   <<<<<<<<<<<
───────────────────────────────────

◇ メールマガジン『さあ、行こう留学だ!』    配信総数:1,230
◆   まぐまぐ(ID:18707):http://www.mag2.com/    [配信数:1024]
◇   Pubzine (ID:2591) :http://www.pubzine.com/ [配信数: 122]
◆   Macky!  (ID:1824) :http://macky.nifty.ne.jp/[配信数:  84]
◇ 発行日 :2000年11月23日 週刊(毎週木曜日発行)
◆ 編集発行:クリスタル島崎 mailto:crystal.shimazaki@nifty.ne.jp
◇ HomePage:http://www.figurenet.com
◆ NPO-ARIGATOUメーリングリスト:  bestnpo@mail.cocode.ne.jp
◇ Copyright(C)1999-2000 crystal_SHIMAZAKI All rights reserved.

_/_/_/_/_/_/_/ ◇ Let’s Go! Study Abroad ◇ _/_/_/_/_/_/_/