73.さあ、行こう留学だ![2001年11月1日発行]<第73話 中古のテキスト>

2001年に発行したメールマガジンのため、現在使われていないメールアドレスや、内容がそぐわない情報もございます。何卒ご理解のほどお願いいたします。




□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
さ あ、 行 こ う 留 学 だ !
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

   発見とハプニングの連続。留学はとてもエキサイティングな人生の
「探検」だ。さあ、君も行こう留学へ!!

■ 今週の <目次>————————————————■
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
★ 著者から       ………….. 炭疽菌への対処法
★ さあ、行こう留学だ! ………….. 第73話 中古のテキスト
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
==[PR]==================================================================
☆ PRを載せてくれる企業 大募集! ☆
連絡先:クリスタル島崎 crystal.shimazaki@nifty.ne.jpまで
========================================================================
____________________________________
【著者から】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
みなさん、こんにちは。お元気ですか?

厚生労働省から、炭疽菌等への対処法が出されておりましたので、
お知らせしておきます。読者の皆様に何事も無いことを祈りますが、
仮に不慮の出来事に遭遇しても、落ち着いて対処しましょう。

■□01.10.15  炭疽菌その他の疾病媒介生物の脅威への対処法□■

米国内の様々な地域で、多くの施設が炭疽菌による脅迫の書簡を
受け取っています。ほとんどは空の封筒ですが、粉状の物質を含ん
でいることもあります。
1.
炭疽菌は皮膚、胃腸内、あるいは肺に感染症をおこし得ます。
そうなるためには、炭疽菌はすりむいた皮膚に擦り込まれるか、
飲み込まれるか、あるいは細かく煙霧化された霧として吸入される
必要があります。しかし適切な抗生物質による早期の治療によって、
炭疽菌の芽胞(細菌の胞子のようなもの)に曝された後でも、発症
を防ぐことができます。炭疽菌は人から人へと伝染することはあり
ません。
2.
炭疽菌が、目につかない病原体として効果的であるためには、
大変小さな粒子へと煙霧化されなければなりません。しかしこれを
行うのは難しく、また相当な技術と特別な機材が必要になります。
もしこういった粒子が吸い込まれたら生命にかかわる肺の感染が
起こり得ますが、このような場合には迅速に察知し治療を行えば
効果的です。

<「炭疽菌」のような脅迫メッセージが記された、疑わしい未開封
の書簡又は小包に対して>

疑わしい封筒又は小包を振ったり、中身を空けてしまってはいけ
ません。その封筒又は小包を中身が漏れないようにビニール袋か他
の種類の容器に入れましょう。もし容器が手近になければ、その
封筒又は小包を、衣服、紙、ゴミ箱など何でもかまいませんので何
かで覆い、その覆いをはずさないようにしましょう。そしてその部屋
を離れ、ドアを閉めるか、あるいはその区域に他の人が立ち入らない
ようにしましょう。(つまり人々を遠ざけろということ)
粉が顔に広がるのを防ぐため、手を石鹸と水で洗いましょう。

次にすべきことは、もし家にいるのなら事件を地元の警察に報告
しましょう。職場にいるのなら地元の警察に報告し、さらに職場の
ビルの警備係か管理者に知らせましょう。その疑わしい書簡又は小包
が認められた際にその部屋又は場所にいた人全てをリストにしま
しょう。そのリストを地元の公衆衛生当局と(警察など)法執行当
局両方に、その後の捜査と助言のために渡しましょう。

<粉が入った封筒や粉が床や机などの表面にこぼれた際に>
その粉を掃除しようとしてはなりません。こぼれた中身を、衣服、
紙、ゴミ箱など何でもかまいませんので、直ちに何かで覆い、そして
その覆いをはずさないようにしましょう。
次にその部屋を離れ、ドアを閉めるか、あるいはその区域に他の人が
立ち入らないようにしましょう。(つまり人々を遠ざけろということ)
粉が顔に広がるのを防ぐため、手を石鹸と水で洗いましょう。ひど
く汚染された衣服はできる限り早く脱ぎ、ビニール袋か、密封できる
他の容器に入れましょう。この服を入れた袋は、適切な取扱いをする
ため、緊急事態に対応する人に渡される必要があります。
石鹸と水でできる限り早くシャワーを浴びましょう。漂白剤や他の
殺菌剤を皮膚に使ってはいけません。もし可能なら、その部屋又は
場所にいた人、特にその粉に実際に触れた人全てをリストにしま
しょう。そのリストを、地元の公衆衛生当局に医療上のフォロー
アップの適切な指示を受けられるように、また(警察等)法執行当局
にその後の捜査のために、渡しましょう。

<煙霧化による部屋の汚染の疑いについて:例えば小さな仕掛けが動き
出したとか、空調システムが汚染されたとの警告が発せられたとか、
疾病媒介生物が公共の場でまかれたとの警告が発せられた時など>

その場所にある手元の扇風機又は換気ユニットのスイッチを切りまし
ょう。その場からすぐに立ち去りましょう。ドアを閉めるか、あるいは
その区域に他の人が立ち入らないようにしましょう。そのビルの空調
システムを止めましょう。

<疑わしい小包と書簡の見分け方>

疑わしい小包や書簡は以下のような特徴を有していることがあります。
・過剰な切手
・手書き又は下手にタイプされた住所
・誤った肩書き
・肩書きはあるが名前がない
・ありふれた言葉にもかかわらず綴りの間違いがある
・油っぽいシミ、色あせ、匂い
・差出人住所がない
・過剰な重さ
・片方が重い、又は不均等な封筒
・突き出た針金又はアルミホイル
・過剰な防護材(マスキングテープ、ひもなど)
・見た目がおかしい
・チクチクッという音
・「親展」や「秘密」などの限定的な語句が記されている
・差出人住所と一致しない市や州の消印が押されている

照会先
厚生労働省大臣官房厚生科学課

くれぐれも皆様、お気をつけて!

____________________________________
【さあ、行こう留学だ!】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
<第73話 中古のテキスト>

皆さん、こんにちは!

私は正直、ときどき、子供の幸せの半分は親が握っていると
思うことがある。(f^^;)

小学生の頃、子供心に友達が楽しそうに遊んでいるオモチャ
がうらやましく感じたことを思い出す。たしか、あれは小学
校の3年生の頃だった、友達の間で『少年探偵団ごっこ』(
スパイごっこ?)が流行っていた。

そのきっかけは、『水に溶ける手帳』だった。
それは、水溶性の紙でできた手帳で、メモを水に入れると溶
けて、いかにもスパイが使う手帳っぽかった。

仲の良い友達はみな、私を除いて全員が持っていた。『少年
探偵団』のメンバーになるためには、その手帳がなければ入れ
ない決まりになっていたのだ。

それは300円。

私は、欲しくて欲しくて仕方なかったが、当時生活が豊かで
なかった母親の財布からその300円をもらうことができず、
友達に言い訳をしながら、『特殊メンバー(^^;)』として
活躍させてもらったことを思い出す…..。

お金。収入を自分で得るようになるまでは、やはり親の財力
の影響力は大きい。

しかし、その財力が本当に愛する子供のために役に立つとは
限らないのも事実だ。特に、留学中にありあまる金(小遣い)
を持っていて、自制心をコントロールできていた連中はあま
り見なかった。

私の持論だが、留学中は苦労した方が絶対に良い!
どうやって限られたお金で「豊か」に暮らすかに知恵を巡ら
すことが、その後の人生にとってとても意味があると思うか
らだ。

是非、貧乏をエンジョイして欲しい!(^^)

日本でもそうだが、アメリカでもテキストを売っている学生会
館の本屋では、中古のテキストが置いてある。

あんまり汚いのは問題だが、ところどころにメモの書かれてい
るようなテキストに出会ったら、新品のテキストを買うよりも、
絶対に価値があるのでそのテキストの購入を薦めたい。

それは、もちろん価格が安いということもあるが、一種の「あ
んちょこ」の代わりになるからだ。

言葉自体の理解度が低い留学生にとっては、本当に役に立つ。

マ~、ただアメリカでは「お習字」という文化がないから、自分
用に書いたメモだったりすると、まるで『暗号』かのように読め
ない場合があるので、テキストに書き込まれたメモを発見して喜
んでも、読めるかどうかの確認を取ることは薦めるが..。(f^^;)

スーツケース2つだけで留学し、返ってくるときには、しっかり
船を使った別便で、大学で使ったテキストとノートをどっさり送
り返してほしい。

もちろん、ディグリーを手にして。

頑張ってくださいね!

クリスタル

───────────────────────────────────
【あなたも参加しませんか?】
★ 留学経験者(留学中)の皆さんへ
あなたの、とっておきの「エピソード」をお待ちしています。
★ 留学に興味のある皆さんへ
留学に関するご質問をお受けします。
★ ご意見のある方へ
お手柔らかに…..(^^;)
★ご質問等に関しては、匿名にてメールマガジンに採用させて頂く
ことがありますので、ご了承下さい。
★登録、削除に関する対応はしていないので、あしからず。(^^;)
>>>>>>>  mailto: crystal.shimazaki@nifty.ne.jp   <<<<<<<<<<<
───────────────────────────────────

◇ メールマガジン『さあ、行こう留学だ!』    配信総数:1,184
◆   まぐまぐ(ID:18707):http://www.mag2.com/    [配信数: 934]
◇   Pubzine (ID:2591) :http://www.pubzine.com/ [配信数: 116]
◆   Macky!  (ID:1824) :http://macky.nifty.ne.jp/[配信数: 134]
◇ 発行日 :2001年11月1日週刊 (毎週木曜日発行)
◆ 編集発行:クリスタル島崎 mailto:crystal.shimazaki@nifty.ne.jp
◇ HomePage:http://www.tim.hi-ho.ne.jp/fshimazaki
◆ さあ、行こう留学だ!読者の集い: ml4u@mail.cocode.ne.jp
◇ NPO-ARIGATOUメーリングリスト:  bestnpo@mail.cocode.ne.jp
◆ Copyright(C)1999-2001 crystal_SHIMAZAKI All rights reserved.

_/_/_/_/_/_/_/ ◇ Let’s Go! Study Abroad ◇ _/_/_/_/_/_/_/