77.さあ、行こう留学だ![2001年11月29日発行]<第77話 お世話になりました(その1)>

2001年に発行したメールマガジンのため、現在使われていないメールアドレスや、内容がそぐわない情報もございます。何卒ご理解のほどお願いいたします。


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
さ あ、 行 こ う 留 学 だ !
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

   発見とハプニングの連続。留学はとてもエキサイティングな人生の
「探検」だ。さあ、君も行こう留学へ!!

■ 今週の <目次>————————————————■
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
★ 著者から       ………….. オフ会ご報告
★ さあ、行こう留学だ! ……. 第77話 お世話になりました(その1)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
==[PR]==================================================================
☆ PRを載せてくれる企業 大募集! ☆
連絡先:クリスタル島崎 crystal.shimazaki@nifty.ne.jpまで
========================================================================
____________________________________
【著者から】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
皆さん、こんにちは!

昨夜、新橋駅から徒歩3分の『新橋モダン食堂』にて女性3名、男性3名
で「初オフ」を行いました!(^^)

会場は、モダンとあるように、2階の個室連は大正ロマンを彷彿させる
「年代もの」の古びれた旅館のような作りで、なんとなく『ほんのり』
とした雰囲気で、楽しく会話をすることができました。

一名の方は、ワシントン大学へ来年の2月から留学を決めたとのことで、
多少心配をされていましたが、大丈夫です!心からエールを送りますヨ!

それぞれに、しっかりとした個性を持った方たちばかりだったので、
”日本の将来は明るい!”と思った次第です。ハハハ...

今回、残念ながらご出席できなかった方たちも、次回お声を掛けさせて
もらいますので、是非お楽しみに!

____________________________________
【さあ、行こう留学だ!】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
<第77話 お世話になりました(その1)>

学生時代って、振り返ってみるととっても恥ずかしいことばかり
だ。大学生ともなると図体はすでに大人だし、一丁前のつもりで
はいるのだが、やはりまだ社会人としての責任を負っていない。

二十歳(はたち)を超えても、結局は衣食住のほとんどを親に依
存しているのだから、保護下に置かれているのと同じだ。
それに「学生=学んでいる」とは、まだ完成していないことを意
味するのだから、そりゃたくさんの愚かな行動を「気がつかず」
にしても仕方がない。

しかし、若さっていうのはそれを『許してもらえる』特権を持っ
ていると思う。だから、自分のやっていることが多少無茶だと思
っても、また人のお世話になってしまうということでも、どんど
ん体当たりで何でも挑戦した方がいいと私は思う。それをするこ
とが人としての「厚み」を増すものだと思うからだ。

劣等性を擁護するつもりはないが、学生時代に優等生だからとい
ってその人が本当に「優秀」であるというのとは違う。優等生と
呼ばれる学生は、単に『先人の物差し』で「優秀」と評価された
だけのこと。また、誰かが敷いた路線をはずれずに生きてきたと
いうだけのことだからだ。そう、あくまで他人の敷いた道。
そんな人(他人)の道で、学生時代に優等生であったって、社会人
になっても、その延長線である保証はない。

だから、留学を目指している学生諸君には優等生であることより
も、チャレンジャーであって欲しと思う。留学中、人に迷惑をか
けるのはよくないが、「お世話になる」くらいであれば、そんな
ことを躊躇することなくどんどん、やりたいことをやるべきだ。

今回から数回に分けて、私が留学中にお世話になった人たちの話
を書きたいと思う。多少の反省の念もあるが、マ~いずれお世話
になった分に「ほんのちょっとプラス」して、他の人たちにお返
ししていけば良いかな~と思っている。(f^^;)

それでは今回は、留学2年目に突入していた頃の話だ。

——- ************************** ——-

留学中にお世話になるとは、通常、衣食住のどれかだ。(f^^;)

最近は、旅費が安くなったから、夏休みに日本に帰ってアルバイト
をすれば、旅費も稼げるし、親元に帰るのだから衣食住に困ること
もない。しかし、私の居た頃は、まだ航空運賃が高く、貧乏人の私
にとっては帰国なんて「高嶺の花」だった。それに、折角留学して
いるのだから、少しでも長い時間アメリカで生活をして、『元を取
りたい』(^^;)とも思っていたので、帰国なんてもったいなくてでき
なかった。

サマーコースを取らなければ全く何もすることのない、3ヶ月もある
夏休み。学校が好意的に寮を休み中でも貸してくれるので、寮にさえ
住んでいれば、一応「住」の部分は確保できるのだが、頼みの学校の
カフェテリアは閉まっている。つまり、「食」が満たされない。

あと、折角アメリカにいても、寮の部屋では話す相手がいない。
せいぜい、学校の手入れをする黒人のおじさんくらいしかいないのだ
から、孤独だ。それに、けして蔑んでいるつもりはないが、黒人のお
じさんたちの英語って、本当に聞き取るのが大変だ。喉の奥をひねり
ながら、低い音でしゃっくりを同時にするような発音なので、教科書
英語をスローテンポで話してもらわないと理解できないような留学生
にとっては、会話にさえならない。(f^^;)

と、マ~、結局大学の寮に居ても、呼吸しているだけで3ヶ月が終わ
ってしまうのだ。もちろん、友達の家に転がり込むことが出来ればよ
いが、なんせコミニュケーションに不自由で、そんなに気の合った友
達なんて2年目の夏を迎える頃にはいなかった。

そこで、以前メルマガで書いたように、冬休みは期間が短いため、初
めての冬はアメリカ縦断を行ったのだが、さすがに夏休みの場合には
3ヶ月もある。学校の寮にいてメシを食らってゴロゴロしているとか、
いくら「超貧乏旅行」であったにしても旅行に出かけるとかは、親に
申し訳ないと思った。

なんとか、自立したい!そう思った。つまり、収入を得ることだ。

しかし留学中は、基本的に働いてはいけない。(何度もこのメルマが
で書いたが….)しかし、私は(一応)信念を持って(もちろん、隠
れて(f^^;))仕事を探した。

これも何度か書いたが、実際のところ、かなり多くの留学生がウエータ
や皿洗い等で「学費」を稼いでいるのが現実だ。さすがに、アメリカ合
衆国も、ある程度は多めに見ているのだろう。

留学も一年を過ぎた夏休み。

ある日本人の友達がいた。彼はとても旅行好きで、留学生に格安の飛行
機のチケットを取ってあげたり、予約を入れたりと旅行代理店もどきの
活躍をしていた。

その彼が良く使っていたのが、ロスにある日系の旅行代理店。どういう
関係で見つけたのかは知らないが、その旅行社は、バリグ・ブラジル航
空のホールセラーで当時格安のチケット販売を行っていた。社員は、全
員日本人で、みんな20代から30代と若かった。

彼は、しょっちゅうその旅行代理店に(コレクトコールで(f^^;))電話
を掛けたため、そのうちその人たちとお友達になってしまった。

私は、特に関係があった訳ではなかったが、たまたま、その旅行社のキ
ャンペーン用ポスターに『ドクタースランプのアラレちゃん』(知って
いるかな~?)の漫画を描いてあげたのが縁で、彼経由でお知り合いに
なった。

その友達は、夏休みにその旅行代理店から、「どうせ夏休みは何もする
ことがないだろうから、ロスに来てこの旅行代理店でバイトをしたらど
うだ?」と誘われたそうだ。もちろん、彼にとっては願ってもないお誘
いだったので、行くことになった。

私は、何気なく「うらやましいな~」と彼に言ったところ、ロスの旅行
代理店の人たちに話をしてくれた。彼らも若いノリで、『一緒に来ちゃ
えば?来たら来たでバイトなんてあるから!』と私に言ってくれたこと
を良いことに、私はまだ当てもないまま、何も考えずにロスへ飛んでし
まったのだ。

もちろん、バイトの当てもなければ、住むところも決まっていない。
何とかなるさ!とばかりに、その旅行代理店へ訪問。先方の社長さんか
らすると突然の来客になるのだが、そこは太っ腹で、「それじゃ社員の
トム君と一緒の部屋に泊まらせてもらったらどうだ?」と言う事になり
一応「棲家」は確保。(^^;)

さらに、その会社の部長さんにお願いして、「仕事ないですかね?」と、
こりゃまた厚かましくお話したところ、その部長さんのお友達でロスで
日本人旅行者向けにお土産関係の仕事をしている方に連絡してくれて、
夏休み限定ということで雇ってもらうことになった。

何とかなるさ!ではなく、本当に何とかしてしまったのだ。(f^^;)

<続く>

それじゃ、また!

クリスタル

───────────────────────────────────
【あなたも参加しませんか?】
★ 留学経験者(留学中)の皆さんへ
あなたの、とっておきの「エピソード」をお待ちしています。
★ 留学に興味のある皆さんへ
留学に関するご質問をお受けします。
★ ご意見のある方へ
お手柔らかに…..(^^;)
★ご質問等に関しては、匿名にてメールマガジンに採用させて頂く
ことがありますので、ご了承下さい。
★登録、削除に関する対応はしていないので、あしからず。(^^;)
>>>>>>>  mailto: crystal.shimazaki@nifty.ne.jp   <<<<<<<<<<<
───────────────────────────────────

◇ メールマガジン『さあ、行こう留学だ!』    配信総数:1,187
◆   まぐまぐ(ID:18707):http://www.mag2.com/    [配信数: 934]
◇   Pubzine (ID:2591) :http://www.pubzine.com/ [配信数: 114]
◆   Macky!  (ID:1824) :http://macky.nifty.ne.jp/[配信数: 139]
◇ 発行日 :2001年11月29日週刊 (毎週木曜日発行)
◆ 編集発行:クリスタル島崎 mailto:crystal.shimazaki@nifty.ne.jp
◇ HomePage:http://www.tim.hi-ho.ne.jp/fshimazaki
◆ さあ、行こう留学だ!読者の集い: ml4u@mail.cocode.ne.jp
◇ NPO-ARIGATOUメーリングリスト:  bestnpo@mail.cocode.ne.jp
◆ Copyright(C)1999-2001 crystal_SHIMAZAKI All rights reserved.

_/_/_/_/_/_/_/ ◇ Let’s Go! Study Abroad ◇ _/_/_/_/_/_/_/