87.さあ、行こう留学だ![2002年3月17日発行]<第87話 マネーの虎>

2002年に発行したメールマガジンのため、現在使われていないメールアドレスや、内容がそぐわない情報もございます。何卒ご理解のほどお願いいたします。


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
さ あ、 行 こ う 留 学 だ !
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

   発見とハプニングの連続。留学はとてもエキサイティングな人生の
「探検」だ。さあ、君も行こう留学へ!!

■ 今週の <目次>————————————————■
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
★ 著者から       ……. ファイト!一発!
★ さあ、行こう留学だ! ……. 第87話 マネーの虎
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
==[PR]==================================================================
☆ PRを載せてくれる企業 大募集! ☆
連絡先:クリスタル島崎 crystal.shimazaki@nifty.ne.jpまで
========================================================================
____________________________________
【著者から】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
皆さん、こんにちは!

最近個人的に多忙になりつつありまして、2週間ほどメルマガお休
みしてしまいました。(f^^;) 数名の方から、また体調を崩したの
では?とお見舞いのメールを頂いたりしたのですが、大丈夫です!

ちょっと忙しくて「疲れ気味」ではありますが、すこぶる元気であ
ります。そのうち、重大発表があるかもしれませんのでお楽しみに!
(^^)

でも、春ですね~。
来週あたりには、桜の開花宣言ラッシュなのではないでしょうか?
楽しみであります!

ファイト!一発!で頑張りましょう!!

P.S.
ところで、この「一発」ってどんな意味があるのでしょうね?(f^^;)

____________________________________
【さあ、行こう留学だ!】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
<第87話 マネーの虎>

昨夜、日本テレビ土曜日の深夜番組『マネーの虎』なる番組を見
ていました。人気のある番組のようで、今度ゴールデンタイムに
放映するようです。ご存知の方も多いかと思いますが、番組の内
容を簡単に説明すると、ベンチャー企業で成功している雄、数名
が、新たにベンチャー企業を起こしたいと考えている人の事業説
明を聞き、見込みのある人に対して出資をしてあげるというもの
です。

目の前に百万円の束が山になっているのを見ると、やはり貧乏人
の私なんかにとっては、『圧巻』です。(f^^;)

昨夜の出演者の一人は、24歳。現在はイギリス系のレストラン
でウエーターをしていると話していました。彼は、イギリスで2
年間の留学経験があり、その経験を元にイギリスで日本のハイテ
クなイメージをうまく表現するカフェバーを開くために、4000万
円のお金を出資してくれるように頼んでいました。

結果から言うと、彼は出資してもらえませんでしたが、彼の話を
聞いて残念に感じたことがあります。

彼は、留学時代に人種差別を受けたとしきりに話していました。
そして、「イギリスでは….」とイギリスのすべてが分かってい
るような話し方をしていたのです。

日本に生活していると、一部の「部落問題」を除けば、同一民族
的な発想から「差別」は存在しません。少なくとも、顔かたちや、
色、言葉では差別のしようがありません。ですから、相手を見て
すぐに「こいつは、○○だ。」的なことは起こりません。

しかし、私たち日本人(東洋人)が、イギリスのようなアングロ
サクソン系の国に行けば、すぐに『違い』が分かります。さらに、
コミュニケーションをとろうにも英語の不自由な留学生など、そ
れこそ相手にとっては「面倒」なものです。

つまり、日本人は母国では一度も味わったことのない、その手の
感覚に多分異常なほど「敏感」なのだと思います。それが『しこ
り』として残ってしまう人がいるようです。これって、とても残
念なことです。

しかし、ちょっとした出来事を即「人種差別」に結びつけるのは
本来おかしいことです。それって、単なる憶測でしょう。個人的
に相手のことが嫌いということだけかもしれませんし、相手の「
虫の居所」が悪かっただけかもしれません。以前にも何度か書い
たことがありますが、日本人は「差別」と「区別」の違いがが頭
の中で明確なっていないくらいですから、勝手な思い込みの場合
も多くある。

恋愛感情で説明すると理解しやすいのですが、日本人はほとんど
の場合で「人種差別」はされてはいません。

一般的に「差別」している人種の人に恋愛感情を持つことはあり
ません。しかし、アメリカやイギリスに行くと、日本人の女性は
彼らにやたらモテるのです。人種差別は性別に関係ありませんか
ら、日本人の男性にだけ彼らが「人種差別」していることはない
でしょう。

確かに、すべての人が理性的ではありませんから、全く差別が存
在しないとは言えませんが、少なくとも留学で何かをつかんでき
た人は、その事実を心の『しこり』として持ち続けることはない
でしょう。そんなことよりも、もっと多くの楽しい体験の方が表
に出てくるからです。

ましてや、折角希望を持って留学をしているのですから、人生の
糧になるように留学経験をポジティブに活用してほしいと感じた
次第です。

それから、たかが数年間の留学経験くらいで「私の留学していた
○○では…..」などと口走ってはいけません。より深い経験をし
た先輩からすると『鼻で笑』いたくなります。とても薄っぺらだ
からです。

私も時々留学や学歴を「鼻にかけている」人に合いますが、そん
な人格では『和』の中心にはなりません。よく言われるように、
仮に人が集まってきても、それはその人の「肩書き」に寄ってき
ているだけです。

人生って、一人一人の作り出す歴史小説のようだと思うのですが、
その一ページに価値のある「留学」を刻んで、そこから新たなペ
ージが広がってほしいと思います。

ちょっと脱線しますが、「僕らはみんな生きている」って、面白
い日本映画があります。その中で真田弘之の一言がとても印象に
残っているのでご紹介します。

ちょっと正確さには欠けますが、こんなことを言っていました。

= 俺の親父は、日立製作所で何十年も一生懸命働いてきた。=
= 毎年来る何百枚もの年賀状をもらうのをとても楽しみに =
= していた。でも、退職したとたん数枚しか送られてこな =
= くなり、愕然としていた。 =

人それぞれ感じるものがあると思いますが、一期一会を大切にで
きるようになりたいものですよね。

それじゃ!

クリスタル
───────────────────────────────────
【あなたも参加しませんか?】
★ 留学経験者(留学中)の皆さんへ
あなたの、とっておきの「エピソード」をお待ちしています。
★ 留学に興味のある皆さんへ
留学に関するご質問をお受けします。
★ ご意見のある方へ
お手柔らかに…..(^^;)
★ご質問等に関しては、匿名にてメールマガジンに採用させて頂く
ことがありますので、ご了承下さい。
★登録、削除に関する対応はしていないので、あしからず。(^^;)
>>>>>>>  mailto: crystal.shimazaki@nifty.ne.jp   <<<<<<<<<<<
───────────────────────────────────

◇ メールマガジン『さあ、行こう留学だ!』    配信総数:1,154
◆   まぐまぐ(ID:18707):http://www.mag2.com/    [配信数: 907]
◇   Pubzine (ID:2591) :http://www.pubzine.com/ [配信数: 113]
◆   Macky!  (ID:1824) :http://macky.nifty.ne.jp/[配信数: 134]
◇ 発行日 :2002年3月17日週刊 (毎週木曜日発行予定(f^^;))
◆ 編集発行:クリスタル島崎 mailto:crystal.shimazaki@nifty.ne.jp
◇ HomePage:http://www.tim.hi-ho.ne.jp/fshimazaki
◆ さあ、行こう留学だ!読者の集い: ml4u@mail.cocode.ne.jp
◇ NPO-ARIGATOUメーリングリスト:  bestnpo@mail.cocode.ne.jp
◆ Copyright(C)1999-2002 crystal_SHIMAZAKI All rights reserved.

_/_/_/_/_/_/_/ ◇ Let’s Go! Study Abroad ◇ _/_/_/_/_/_/_/