【2016年1月21日】 NTTデータさまご講演『多国籍体制の組織づくり~M&Aで獲得した海外人材の活用』

【globalforce circle勉強会】   高度外国人を活用する企業が集うstudy group

多国籍体制の組織づくり~M&Aで獲得した海外人材の活用

今回の勉強会では、日本を代表する企業『NTTデータ』さまにお話を伺います。NTTデータ

NTTデータさまは10年ほど前から『戦略的M&Aによるグローバル競争力の強化』を行い、Revere(米)、Cirquent(独)、itelligence(独)、Keane(米)、Value Team(伊)、everis(西)の買収しており、現在は全世界に5拠点のグローバル体制を築き上げております。

また、2009年には世界経済フォーラム(ダボス会議)で「Global 100 最も持続可能な世界の100社」に選出され、2012年にはダイバーシティ経営企業100選を受賞されています。
まさに、多くの人財を活用しながら事業をグローバルに展開している企業です。

今回は、人事部 兼 グローバル事業本部 グローバルHR担当部長の田中一郎さまにお話をして頂きます。質疑応答のお時間も十分に取ってありますので、是非ご来場ください。

 &&&&&&&&&

プレゼンテーションまた、その後当研究所からは「30分間で外国人とコミュニケーションができる”英語もどき”」についての話しをさせて頂きます。

日本人のほとんどは「英語が不得意」だと思い込んでいます。ところが、私たちは中学校で3年、高校でも3年、英語を学んでいます。大学時代も含めれば10年間も勉強しているのに、なぜかできないと思い込んでいる。

香港で関西のおばちゃんが、「高っかいわな~、3個じゃなく、4個でこの金額に負けて~な!」と日本語で交渉をしている姿を見たことがあります。(f^^;)

この姿勢が大切です。英語であっても躊躇せずに、こちらの意思を伝える気持ちを持つこと。そのための英語が苦手な人向け、使える”英語もどきコミュニケーション”の方法を解説致します。一度でも、相手に意思が「通じた!」と感じることができると、後は意外にスムーズだったりします。

異文化コミュニケーションの「足掛かり」を掴んで下さい。

 

【開催日】2016年1月21日(木)         【時間】14:00~16:00

【会 場】 星陵会館 会議室F (1階)(〒100-0014 東京都千代田区永田町2丁目16−2)

【対象者】 人事・採用・教育のご担当者さま、経営者さま     [オブザーバー参加] 大学等教育関係者

【参加費】 無料 (事前のお申込みが必要です)
チェック

チラシはこちら

 

<<この勉強会は終了いたしました>>