globalforce.link通信 [2016.4.14.]

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

グローバルフォース・ドット・リンク通信
(第0029号)
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
2016.4.14.

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・globalforce(高度外国人)に関連する人財活用のエッセンス、採用、教育 ・
・本音トーク、法令関連にいたるまで、さまざまな情報を発信します。  ・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

皆さま、お元気様でございます。
異文化コミュニケーション研究所(R)所長の島崎です。

留学生と面談をする際に、「人生においてもっとも反省することは何か」と
尋ねるようにしています。

すると「反省…?!」という反応をする留学生が多い。

反省という習慣は日本人の文化のようです。一日を振り返り、省みる、そして
自分を正す。そんな文化を持つ日本を、私たち日本人は誇っても良いと感じて
います。

———————————————————————-
■トピックス■
1.今週のフォーカス「人財紹介会社の罪」
2.勉強会・セミナー等のご案内
3.摩訶珍(まかちん)編集後記
———————————————————————-
┏━┓
┃1┃今週のフォーカス「人財紹介会社の罪」
┗━┛

弊社が、ワークショップROMAを開催しようと考えた一つの理由は、
人材紹介会社のイヤな面をなくしたいからです。

人材紹介会社は、名目上たくさんの人材を抱えているかのような表現を
して、企業に説明します。しかし、通常はそんなに就職希望者があふれて
いるという状態ではありません。だいたい、そんな状況なら人財紹介会社
を使わなくても、採用は難しくないはずです。

そして数限られた人の中から、「着飾って」紹介する。

もちろん、その人財と会社のニーズがマッチしている場合もありますが、
往々にして、履歴書の情報を見るだけで、あまりその人のことを知らずに
紹介をする。

罪の意識はないのでしょうか?大手も含め、そのような会社に疑問を
持ちます。

また一方で、自社への応募の少なさをカバーするために、とにかく多く
の人財紹介会社に依頼をし、その中から選べばいいやと、カタログショッ
ピングのような感覚の会社ある。

企業は人で成り立っています。その人財を求めるためには、会社の『強
烈な願望』が必要です。そして、働く人に『希望』と『未来』を提供しな
くてはなりません。

紹介する方は金のため、紹介されるはカタログショッピング。

そんなんで、良いはずはないと思います。ワークショップROMAは
それがありません。採用したい企業も、就職を考えている学生も、着飾ら
ない自然体での真剣勝負となるからです。
┏━┓
┃2┃勉強会・セミナー等のご案内 [事前申し込み要]
┗━┛

この4月22日~23日のワークショップROMAにアクティブオブ
ザーバーご参加頂ける企業を募集しております。

数十名の外国人留学生がROMAに参加予定です。弊社と人財紹介
契約を締結して頂ければ、名前等を除いた情報をお見せすることが
可能となりますので、是非ご連絡下さい。SKYPE面談の様子も
是非ご覧になって頂ければと思います。

ご連絡お待ちしております。

今回は、トライアル「W企画」として、
横浜国立大学 服部泰宏准教授ならびに、フェニックス労務・
ビザ総合事務所 社会保険労務士・行政書士 菊地良夫氏に
皆様にお役に立つセミナーも開催致します。

4月22日(金)~23日(土) 場所:上郷森の家

【詳細】http://goo.gl/uMSBk7

多くの企業の方々の、ご参加お待ちしております。(^^)
┏━┓
┃3┃摩訶珍(まかちん)編集後記
┗━┛

水前寺清子の「三百六十五歩のマーチ」ってご存知でしょうか?

もう半世紀近く前の歌なので、知らない方も多いかも知れません
が、日本が頑張って、頑張って高度成長期を駆け登っていたころを
象徴する歌です。

幸せは歩いてこない、だから歩いてゆくんだね
一日一歩、三日で三歩、三歩進んで二歩さがる
人生はワンツーパンチ、汗かきべそかき歩こうよ…
[歌詞の一部]

なるほどな~と思います。

週末を潰して仕事しましたが、全部やり直し…が、2週間続けて
ありまして、それでも月曜日に必死になってリカバリーしする。

まさに「三歩進んで二歩さがる」状態です。
でも、『一歩』は進んでいる!(^^)
△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
異文化コミュニケーション研究所(R)のミッション
『日本を、世界中の優秀な人財が活躍する国にする』
~ 多様性のあるglobalforce(高度外国人)を活躍へ導く ~
△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

————————————————————
■□発行済のグローバルフォース・ドット・リンク通信は
下記でご覧になれます□■

http://globalforce.link/?page_id=474

————————————————————
※本メールは、当研究所関係者と名刺交換をさせて頂いた方、
セミナー等にご参加頂いた方々等、ご縁を頂いた方々ににお送り
致しております。

尚、このメールが不要な場合は、大変お手数ですが下記URLを
クリック下さい。

http://regist.combzmail.jp/d/7dts&m=$$$email$$$

いつもありがとうございます。
————————————————————
───────────────────────────
┘┘┘┘┘異文化コミュニケーション研究所(R) (iCCC)
┘┘┘┘ http://www.globalforce.link
┘┘┘  横浜市神奈川区青木町3-15 SSビル201号室
┘┘   Tel:045-307-8248(代) FAX:045-461-1577
┘    代表取締役社長 所長 島崎ふみひこ
───────────────────────────
(当研究所は、株式会社フィギュアネットの事業部です。)