globalforce.link通信 [2017.1.30.]

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

グローバルフォース・ドット・リンク通信
(第0052号)
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
2017.1.30.

$$$name$$$さま、お元気様でございます。
異文化コミュニケーション研究所(R)所長の島崎です。
インフルエンザが流行っています。うがい、手洗いお忘れなく!(^^)

———————————————————————-
■トピックス■
1.今週のフォーカス「私が主役」
2.勉強会・セミナー等のご案内
3.摩訶珍(まかちん)編集後記
———————————————————————-
┏━┓
┃1┃今週のフォーカス「私が主役」
┗━┛

日経ビジネスの2017.1.30.号の巻末にある『賢人の警鐘』にダイキン工業の井上礼之会長が文章を載せていました。

そこには「ダイキンランライズ摂津」という障害者雇用を促進する特例子会社のことが書かれていました。障害者は保護し、守るべきものという考えはなく、皆が主体的に努力し自分の仕事に満足して生きがいを感じているそうです。

globalforce(高度外国人財)を活用する際に、日本語がハンディキャップとなることがよくあります。けして彼らはやる気がないとか、頭が悪いとかいうことではありません、単に日本語が私たちよりも使い慣れていないだけなのですから、それが理由で仕事ができないという考え方はやめなくてはなりません。

そう考えると、「ダイキンランライズ摂津」の例はとても参考になります。
多様な人財をどうマネージしていくのか、それはある意味とても簡単で、それぞれの人が「主役」となって仕事ができるように導くことなのでしょう。

■ 健常者が支えて、単純な作業や補助的な役割を担わせるのではなく、
できない仕事をできるようにするにはどうすればいいかを障害者が
自ら考え、主体的に働こうという雰囲気を意識的に育んできた。
会社のモットーの一つは「職場は明るく」だ。

■ 多様な人材の一人ひとりに「主役」となって働いてもらい、会社に
貢献する人には多く報いる。

一人ひとりが「主役」となって頑張っている姿に、希望の光を感じませんか?

日本の経営者たちは、新たな高みにチャレンジするワクワク感を持ってほしいですね。

┏━┓
┃2┃勉強会・セミナー等のご案内 [事前申し込み要]
┗━┛

(1)企業・学校関係の皆さま向け

【globalforce circle勉強会】の今年第一回目の勉強会は2017年1月26日(木)に行いました。「IR法に伴うグローバル人財の活用戦略」と題して、インバウンドビジネスを成功させるためのglobalforceの活用に関して、皆様と勉強致しました。ありがとうございます。

次回以降のスケジュールは

2017年5月18日(木) 14:00-16:00
2017年7月20日(木) 14:00-16:00
2017年11月16日(木) 14:00-16:00

です。是非多くの方のご来場お待ちしております。

場所:星陵会館(東京都千代田区永田町2丁目16-2)

http://www.seiryokai.org/kaikan/map.html

(2)2017年ワークショップ型ジョブフェアROMA

昨年、二回開催しました外国人留学生を集めたワークショップROMA (Recruiting Optimization Matching Academy)を、2017年も春、秋の二回開催する予定です。

4/15(土)
10/28(土)

多くの企業の皆さまのご参加頂きたいと存じますので、お問い合わせお待ちしております。良い人財を獲得したい企業の皆さまご検討下さい。

昨年のビデオダイジェストを是非ご覧になってください!(^^)

https://globalforce.careers/roma/2016-digest/

(3)外国人留学生向け

【勉強会】声に出す日本語  ★無料★
外国人留学生の日本語力アップのために『声に出して読む日本語』の勉強会を、来年も毎月行います。無料ですので留学生がいらっしゃいましたら、是非参加させてあげて下さい。(^^)

2017年2月7日(火) 19:00 ~ 20:30
神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央1-13-6
(横浜ファッションデザイン専門学校 2号館)
最寄駅:JR鶴見駅、京急鶴見駅
┏━┓
┃3┃摩訶珍(まかちん)編集後記
┗━┛

沖縄県が後押しした、コールセンターの事業が危機に瀕しているそうです。
それは、仕事が減ったのではなく、人手不足によるものです。

なんと年間の離職率が4割!慢性的な人手不足状態!!

アウトソーシング事業の代表例ですが、働く人たちのやりがいを満たしてあげなければいけないのですよね。

道が開けることを祈りたいですね!

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
異文化コミュニケーション研究所(R)のミッション
『日本を、世界中の優秀な人財が活躍する国にする』
~ 多様性のあるglobalforce(高度外国人)を活躍へ導く ~
△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

————————————————————
■□発行済のグローバルフォース・ドット・リンク通信は
下記でご覧になれます□■

http://globalforce.link/?page_id=474

————————————————————

───────────────────────────
┘┘┘┘┘異文化コミュニケーション研究所(R) (iCCC)
┘┘┘┘ http://www.globalforce.link
┘┘┘  横浜市神奈川区青木町3-15 SSビル201号室
┘┘   Tel:045-307-8248(代) FAX:045-461-1577
┘    代表取締役社長 所長 島崎ふみひこ
───────────────────────────
(当研究所は、株式会社フィギュアネットの事業部です。)