10.さあ、行こう留学だ![1999年12月9日発行]<第10話 娼婦の学割?!>

1999年に発行したメールマガジンのため、現在使われていないメールアドレスや、内容がそぐわない情報もございます。何卒ご理解のほどお願いいたします。


 

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
さ あ、 行 こ う 留 学 だ !
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

発見とハプニングの連続。留学はとてもエキサイティングな人生の
「探検」だ。さあ、君も行こう留学へ!!

■ 今週の <目次>————————————————■
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
★ 著者から       ………….. 読者、千人達成!(^^)v
★ さあ、行こう留学だ! ………….. 第10話 娼婦の学割?!
★ ご質問コーナー    ………….. ボストン大学大学院へ!
★ 英語の表現コーナー  ………….. 新コーナーです!
★ お知らせ       ………….. 目標に向かって!

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

____________________________________
【著者から】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

メールマガジンを発行してから、2ヶ月ちょっと。
読者が千人を超えました!ありがとうございます!!\(^^)/

これを機に、Yahooにもホームページを登録しようと思っています。
あまり為にならない情報も多々ありますが(f^^;)、留学の楽しさを伝えられ
ればと思っていますので、皆様、これからもよろしくお願いします。m(._.)m

************************

さて、前回、友人S君とM君の話を書いたが、ちょっと今回もそのノリで、
「夜系」の話をしようと思います。(^^;)

純真無垢な学生生活を送っていたので(ほんまかな?)、時々出くわす「夜の
世界」にとまどいながら、楽しい思い出を作れた留学生活の1ページです。
ハハハ…

____________________________________
【さあ、行こう留学だ!】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
<第10話 娼婦の学割?!>

世の中いろいろなことが起こるもんだ。あれは夏休みにニューヨークでバイ
トをしているときのこと、有名なタイムズスクエアの近くを夜7時頃にウイン
ドーショッピングをしながら観光していたときに起きたこと。

あちらこちらでビルの工事をしていて、それでなくても蒸し暑くて気分が悪
かったのだけど、マ~これもニューヨークの光景だな~なんて思いながら、
テクテクと歩いていた。

ニューヨークの夏は日本の夏と同じように、蒸し暑いし、ビルやコンクリー
トが熱を持つので夜でも結構寝苦しい。だから、白のTシャツに、白の綿パン
をはいてぶらぶらしていたんだけど、突然右斜め後ろあたりに香水の香りと
人影を感じたんだよね。

フッと振り返ると、結構美人のおねーさんが立っていて、”Do you wanna
date?” って言ってきた。コ、コッりゃ娼婦だ~と直感。もちろん娼婦なんて
日本でも見たこともなかったし、話したこともなかったから、僕は慌てたね。
それで、どうしたらいいかと思ったときに、英語がわからない振りをするこ
とに決めたんだ。

“I don’t know English.”なんて言って良くわからない振りをしたんだけど、
おねーちゃんは仕事柄(?)とっても積極的。僕の腕をしっかり抱きかかえ
て一緒に歩き始めた。そして、”Are you Chinese?”っていうもんだから、”No,
Japanese.”って言ってしまった。

言ってから「まずい」って思ったものの後の祭り。そしたら、なんと彼女日本
語で話しかけてきた。「きれいな子いるよ。遊んでかない?」って言うわけだ。
それも、耳元で。

僕も男だからね、くらくら~と気持ちが揺れたけど、幸か不幸か貧乏人の学生
アルバイトの身分の僕は持ち金ほとんどなく、本能の赴くままの行動を取るこ
とができる状況じゃなかったんだよね。

それで、仕方なく(?)”No, Thank you. “と答えたんだけど、それでも腕を
しっかりつかんで、耳元でささやき続けた。それで、「あなたヤクザ?」とか
言ったから、日本語で「学生」って言った後に”I have no money.”って言った
んだよね。

すると、うれしそうな顔してなんて言ったと思う?驚いたことに、なんと彼女
は「学割あるよ。」って言ってきたんだ!(@_@)!

「学割」!?!ダ、誰だそんな日本語教えた奴は?と感じたが、持っていない
ものは持っていないわけで、首を強く横に振ったら、こりゃ駄目だと思ったら
しく、僕の首筋をそっと触ってウインクをして去っていっちゃったんだ。

夏の夜の思いでだけど、結構どきどきものだったよね。(f^^;)

それから、今度は別の夏休みにロスでやっぱりアルバイトをしていたとき、あ
れは有名なサンセットストリート。道の両側の電柱という電柱に女性が立って
いるところで、僕は友人の車に乗っていたんだよね。観光気分でその際どい服
を着ているおねーさま方を車の中からまじまじと見ていた。こちらの視線を感
じると、ウインクをしてくるおねーちゃんもいれば、黄色人種には興味はない
わよ!って冷たく見下すようなしぐさをするおねーちゃんもいた。

僕は、車の中で冗談を言いながらおねーちゃんの品評をしたりなんかしていた。
「ネ~、ネ~、あのおねーちゃん、おばちゃんだよね~。」と、たまたま一緒
にいたのが日本人だったから、堪能な(?)英語だと普段出ないような流暢な
冗談を久々に楽しんだりしたんだよね。

それで、たまたま信号機が赤になったときに、3人ぐみの女性がそばを歩いてい
たんだよね。でも、遠目にも、なんとなく体つきががっちりしているし、近く
で見ると顎のあたりがごっついし、どう見ても女装している男、…つまり「お
ホモだち」だったんだ。

僕は、「ヘ~こんなところにもホモがいるんだ。」って、何気なく声を発したん
だよね。不注意にも窓を開けたままで。

すると、そのおねー様方が近づいてきて、車体を蹴飛ばしたんだ。こりゃ~驚
いたね。殴られるかと思った。でも、信号が変わったからすぐに発進できて、
事もなくすんだけど、あのときは本当におったまげた。(^^;)

車は日本車で、お菓子の缶程度の薄い車体だったけど、ちょっとへこんだ程度
ですんだし、僕の車じゃなかったし、良かったのだけど(どこが?!)。冷や
汗たらたらものだった。

日本人同士の会話だから、理解できないだろうと思ったのがまずかったのだけ
ど、たまたま発した「ホモ」って言葉が悪かったんだろうね。だって、これも
英語だからね。彼ら(彼女ら?)は、すぐにその言葉で自分たちのことを話し
ているとわかったらしく、車を蹴飛ばしたわけだ。

日本人同士で会話していると、アメリカ人には内容が判らないと安心して、悪
口を言っていると、時々言葉の端々に出てくる「外来語」で、痛い目に会うっ
ていう好例だよね。

皆さん、気をつけて!
マ~そんなところに行かなければそんな問題も起こらないと思うけどね。

そんじゃ!
(^^;)
____________________________________
【ご質問コーナー】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
<   いつも、たくさんのご質問ありがとうございます!m(._.)m   >
<   こちらで、ご紹介できないご質問は、随時「臨時増刊号」を   >
<   発行して参ります。また、メールを頂いてもご返事が遅れる   >
<   場合がありますが、ご容赦下さい。              >

■□ ご質問 □■

クリスタル島崎様
はじめまして、山中敏彦と申します。
私はつい最近生まれて初めて真剣に留学をしたいと思い、
現在情報を集めているところです。全く分からないことばかり
で、相談相手もいずに困っています。
留学先の第一志望はボストン大学大学院で、英語教授法を
専攻したいと考えています。
TOEFLはもちろんGREも受けなければならないようで大変です。
TOEICは何度も受けましたが(最高930)、TOEFLは12月に
初めて受けます。リスニングが苦手で入学条件の600を超えられるか
不安です。GREについてもこれから準備を開始するところです。
ところで私は来年4月に結婚する予定で、式を挙げたら直ぐにボストン
へ行き、そこで新婚生活を迎えるのが夢です。
それまでに合格通知が届いてビザを取得できるのか、心配です。
また、住むところをどのように探せば一番いいかも分かりません。
これからいろいろと質問させていただきますので、よろしくお願いします。

■□ ご返事 □■

T.Y.さん、メールありがとうございました。
英語力、相当あるのですね!留学する前から、それだけ英語が出来てい
れば、安心ですよね。うらやましい限りです。私なんて、留学当初は、小
学生と遊ぶ…難しい言葉が要らないので…程度の能力しかなかったので
酷いものでしたからね~(^^;)

ただ、英語力に自信のある人が、思ったほど相手とうまくコミュニケーシ
ョンがとれないと、逆にストレスを感じるケースがあるみたいなので、現
地に行ってから、焦らないようにしてくださいね。

それから、奥様とSweet Homeをボストンで作られるのですか~いいですよ
ね~。ただ、けして水を差す気はないのですが、留学生の妻としてビザを
取得すると、経済的な裏付けを結構しつこく聞かれる場合があります。そ
のあたり、スムーズにビザを取得するためにも、一度アメリカ大使館に相
談をしておくといいでしょう。お勤め先から留学させてもらえるような場
合は全然問題ないのですが、プライベートなものだと、留学とは言いつつ
実は単に働くためにアメリカ入りするものと勘違いされる可能性が高いの
で、…。

ボストンはいいところですよね~。
私も一度だけ、行った事があります。アメリカで住むならこのあたりが最
高だよな~!と感心しながら、川のほとりの住宅街を眺めた記憶がありま
す。

特にお手伝いできることはないかもしれませんが、もしも何かありました
ら、ご連絡下さいね。

将来の奥様に、よろしくお伝え下さい。(^^)

それじゃ!
____________________________________
【英語の表現コーナー】English
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
今回から始まる新コーナーです!
以前から集めていた、英語の気に入った表現を、一つずつご紹介していき
ます。英語の勉強としてだけでなく、『先人の知恵』も学なんで下さいね!

まずは、英語をここで書いておきますので、意味を自分で考えて、【お知ら
せ】の最後に、ある意味を読んでくださいね。(^^)
I don’t know who my grandfather was;
I am much more concerned to know what his grandson will be.
____________________________________
【お知らせ】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
<起業予定で~す!Part8>

前回、NPOの活動をしている方とお会いすることをお伝えしましたが、やっぱ
り、先輩には話を聞いてみるものですね!

私が暖めている留学生をサポートするNPOの話をしたところ、激励をされてし
まいました。(^^)v

いろいろと話を伺った中で、いくつかのポイントをご紹介します。

1)世の中のニーズにあったものは、自然に受け入れられる。
2)NPOを成功させるためには、人の善意に支えられるだけなく、
緻密なマーケッティングが必須である。
3)世の中に多数あるNPOから、運営の仕方について学ぶこと。
4)公共の援助を受けるためには、実績をつくること。
等です。

また、神奈川県がNPOの先進県であると伺い、早速「かながわ県民活動セン
ター」を訪れました。すると、そこでは「アドバイザー制度」というもの
があり、「市民活動の企画・運営や団体間・行政・企業のネットワークづ
くりなどに対する支援、助言」をしてくれるサービスがあり、またそこで
もじっくり話を伺うことができ、当日はとても為になる情報を入手するこ
とができました。(^^)

実際にはもう少し実績を積み重ねてからになりますが、NPOの登録に関する
書類も入手してきました。(^^)v

今後の活動計画ですが、近々、私のホームページ上でアンケートをアップ
します。このメールマガジンを読んでいる皆様にご協力を頂き、留学に関
する皆様のニーズを把握したいと思っております。アンケート作成が完了
しましたら、このマガジンでご紹介しますので、是非ご協力お願いします。

普通のレベルの人が、一人でも多く留学を体験できるための組織にしてい
きたいと思っていますので、よろしくご協力のほどお願いしますね!

それじゃ!!

───────────────────────────────────
【英語の表現コーナー】Japanese

祖父がどのような人だったかは知らない。
それより彼の孫が何者になるかに私ははるかに関心がある。
by Abraham Lincoln
16th president of the US and lawyer 1809-65

───────────────────────────────────
【あなたも参加しませんか?】
★ 留学経験者(留学中)の皆さんへ
あなたの、とっておきの「エピソード」をお待ちしています。
★ 留学に興味のある皆さんへ
留学に関するご質問をお受けします。
★ ご意見のある方へ
お手柔らかに…..(^^;)
>>>>>>>  mailto: crystal.shimazaki@nifty.ne.jp   <<<<<<<<<<<
───────────────────────────────────
◇ メールマガジン『さあ、行こう留学だ!』    配信総数:1,000
◆ 発行日 :1999年12月9日 週刊(毎週木曜日発行)
◇ 編集発行:クリスタル島崎 mailto:crystal.shimazaki@nifty.ne.jp
◆ Copyright(C)1999 crystal_SHIMAZAKI All rights reserved.
_/_/_/_/_/_/_/ ◇ Let’s Go! Study Abroad ◇ _/_/_/_/_/_/_/