12.さあ、行こう留学だ![1999年12月23日発行]<第12話 USA NO1!>

1999年に発行したメールマガジンのため、現在使われていないメールアドレスや、内容がそぐわない情報もございます。何卒ご理解のほどお願いいたします。


 

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
さ あ、 行 こ う 留 学 だ !
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

発見とハプニングの連続。留学はとてもエキサイティングな人生の
「探検」だ。さあ、君も行こう留学へ!!

■ 今週の <目次>————————————————■
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
★ 著者から       ………….. 臨時増刊号お休みしました。
★ さあ、行こう留学だ! ………….. 第12話 USA NO1!
★ ご質問コーナー    ………….. 大学を出たら就職するもの?
★ 英語の表現コーナー  ………….. The family…..
★ お知らせ       ………….. コンセプト読んでくれました?

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

____________________________________
【著者から】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

今週は、いつも週に一回は出していた「臨時増刊号」をお休みしてしまいまし
た。会社のお仕事で、先週の末から昨日までタイへ出張に出ることになってし
まい、ちょっとペースが狂ってしまったのです。楽しみにして下さっていた方
すみませんでした。m(._.)m

タイは久しぶりで、約3年ぶりの訪問でしたが、一応経済危機も乗り越えて、そ
れなりに落ち付きを取り戻して来た気がします。でも、バンコクの中心街でも、
小売り店がかなり閉まっていたところをみると、まだそれほど消費が改善されて
きてはいないのかな~と思ったりしています。

さて、今回の出張はPHS MoUの総会への出席(かばん持ちとしてですが…(f^^;)
のためでして、実は先月の15日に日本以外で始めてPHSが事業化されたのを現地
視察する目的も兼ねていました。なんと、2週間の間に10万加入と、驚きの数字
でして、電話機の数が足りない!と嬉しい悲鳴を上げていました。

このような一種の国際会議になると、やはり英語で議事進行を行います。そこで
も、やはり日本人は概して「無口」であります。(^^;) やっぱり、日本人はも
っと使える英語を勉強せなあかんな~と、またまたつくづく感じてしまった次第
であります。ハイ

さあ~、みなさんご一緒に勉強しましょうね!(^^)

ちなみに、MoUとは、Memorandum of Understandingの略でして、メンバーの拘束
力がない一種の圧力団体みたいなもので、いろいろな立場(メーカや、電話会社
、お役所)等の人達が集まって、合意の元いろいろなことを決めたり、活動した
りするところです。(一つの経済用語)

____________________________________
【さあ、行こう留学だ!】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
<第12話 USA NO1!>

今回は車の話です!

アメリカは、大都会を除いては、自動車がなければ生活ができない。
だから、自動車免許だって、日本では考えられないくらい簡単に取れてしまう。
それに、試験にパスするとその場で仮の免許書を発行してくれるから、本物の
免許書が送られてくるまでの間まったく不便がない。所用時間2時間程度ですべ
て完了してしまう。うらやましいよね。

金額も、めちゃ安。
日本では、自動車教習所での費用を含めると年齢分だけお金が掛かると言われて
いるけど、多分アメリカではその100分の一くらいの費用で免許書が取れる。それ
を利用して、昔は、アメリカへ海外旅行をしたついでに、免許書を取って日本に
持って帰り、日本の免許に書き換えをした人が結構沢山いたらしい。

それじゃ商売にならないと、多分自動車教習所の協会かどこかが反対して、そん
なに簡単に免許の書き換えが出来ないように法律が変わってしまったんだよね。
まことに残念だ!!

確か半年以上現地で滞在した証明がないと書き換えは駄目だったはず。でも、留
学で長期に滞在するなら、是非アメリカで免許を取って帰ってくることをお勧め
したいね。日本の道路事情と違うから、帰ってきてから日本で慣れるまで時間が
かかるけど、マ~すぐに慣れるから大丈夫。

アメリカは広大だから、外出するときにはほとんど車を利用する。だから、
住宅街の道には、ほとんど人が歩いていない。それに、道が広いから、運転は
簡単だし、安心だ。駐車場だって一台あたりのスペースも広いから、縦列駐車
で頭を悩ますなんてほとんどない。無謀な運転をしなければ事故なんてほとん
ど起きない環境だ。

もちろん、モール(ショッピングセンター)の駐車場も、満車で駐車できないな
んてことは、ほとんどない。唯一あるとすると、クリスマスの後にやるセールの
ときくらいだね、駐車で待つなんてことがあるのは。

だから、日本と環境が全然ちがう。それに、最大の違いはご存知のように右側通
行。アメリカの元々の持ち主である、イギリスは左側通行なのに、なんで逆にな
ってしまったのかは知らないけど、そのおかげで、日本に帰ってきたときにはサ
~大変。特に夜間、車の通りの少ないところを走ると、大きな交差点で曲がると
きに、どちらの車線に進んだらいいかマジに迷うから、注意が必要だ。(^^;)

さて、ここで、ちょっとした雑学クイズ。
最近はアメ車も日本市場向けに右ハンドルの車を作り始めているけど、実はその
前から、ある目的のために『右ハンドルの車』を作っていたそうだ。それは何の
目的のために作られた車でしょうか?これが質問です。

答えを聞けば「なるほど!」とうなずけるのだけど、回答はこの章の最後までお
預けしましょう。それまでみなさん、どんな目的の車なのか考えて下さいね。(^^)

さて、運転免許書の発行は、州によって、やり方や金額が異なるけれど、基本的
に日本と同じ筆記試験(選択)と実地試験がある。どちらも簡単だし、場所によ
っては日本語の試験が準備されているところさえある。まさに、至れり尽くせり
状態。

実施試験だって、日本の自動車教習所で習ったように、車に乗るときには前後左
右、車の下すべての安全確認をする…、なんてない。単に車が運転できること、
Uターンや、バックでの駐車ができること、….。なんて、ごくありふれたメニュ
ーがこなせれば、即合格。

大体、免許を取るために、その試験用の車を自分で持って行くことが必要なのだ
から、ふざけたもんだよね。(一応、誰か他の人が車を運んでくれることが条件
なんだろうけど、それにしても、おおらか。)

それから、面白いことに州によっては免許書に写真がないところだって、あった
くらいだからね。それも、なんとニューヨーク州!今では確か写真入りに変わっ
たはずだけど、十数年前は無かったんだよね。(f^^;)

でも、思い出してみると、私はイギリスで免許を取得していて、それも写真がつ
いていない。それに、なんと期限が2031年の誕生日の前日まであるのだから、と
てつもなく長い!それに、ECの国ならどこでも運転できるので、これも超便利な
免許だ。今はEUになっているから、私の持っている免許が有効なのかどうか知ら
ないけど、免許一つを取ってもいろいろとあるものだよね。

日本でも、最近自動車のナンバープレートの番号が選べるようになりつつあるよ
うだけど、それにしても、単に番号だけ。でも、アメリカでは、自分で好きなナ
ンバープレートが作れる。特注になるから、追加料金が必要になるけど、アルフ
ァベットを含めた好きなプレートが作れる。自分の名前を入れたりする例を何度
か見たけれど、一番感激したプレートは、この章の題にした、”USA No.1″だった。

アメ車のスポーツカーで、プレートに”USA No.1″、なんて書かれていたら、カッ
コイイよね、本当に。

君も、自分で車を買うことになったら、折角だからオリジナルのプレートを作っ
てみよう。記念になるよ、きっと。

さて、最後に「アメリカで昔から作っていた右ハンドルの車は何か」の回答です。
どうかな、分かったかな?答えは、郵便配達用の車。

広いアメリカでは、郵便配達もやはり車を使って行う。
基本的に、ポストは庭先の道に接したところに設置されているため、ジープに乗
ったまま配達もできるし、回収もできる。合理的だよねアメリカって。

それから、日本でも見習ってほしいのだけど、アメリカのポストには赤い旗が付
いていて、それを立てておくと、「郵送したい手紙がこのポストには入っていま
すよ!」という印で、郵便屋さんがその手紙を持っていってくれる。これは便利
だよね。わざわざ手紙を送るのにポストを探す必要ないからね。

(^^)v
____________________________________
【ご質問コーナー】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
<   いつも、たくさんのご質問ありがとうございます!m(._.)m   >
<   こちらで、ご紹介できないご質問は、随時「臨時増刊号」を   >
<   発行して参ります。また、メールを頂いてもご返事が遅れる   >
<   場合がありますが、ご容赦下さい。              >

■□ ご質問 □■
こんにちは!第一回目からとても興味深く、楽しく読ませていただいています。
いつもプリントアウトをして、持ち帰っては(学校の端末を
利用しているので)何度も読んでいたりします。

実は私も近い将来留学を考えている大学3年生です。
この思いは私のなかでやはり自然に「これだっ!」と
生れてきた思いです。
今私の妹がアメリカのワシントン州に留学していまして、
そんな影響もあるのでしょうか・・・

私が始めて「海の外」に出たのは、高校1年生の時でした。
学校の海外研修というやつです。なんだかとても憧れたぁ。
そう思って両親にその旨を話したのです。そして父も母も
一言、「行ってきなさい。」とだけいい、私を送り出してくれました。
私の同級生では反対されることが多かったあの時に・・・
そのころから「留学すること」という夢は私の中にありました。

でも今気になるのは、「いつ行くか」ということ、皆さんも気にしていた
「お金」のことそして「両親」のこと・・・
先日買った留学の雑誌の増刊号を読んだ時、リポートしている皆さんは
大体が3~6年は「社会人」として働いていた人なのです。
大学を卒業したら留学する・・・と漠然と考えていたわたしにとって
なんだか思いがけないものでした。
やっぱり大学を出たら就職するものなのでしょうか。
みんなそうしてるから私もそうするとは今まで思っていなくて、
今とても不安です。ある一定の期間社会に出てからの留学の方が
いいのですか?
■□ ご返事 □■
T.N.さん、こんにちは!

ご理解のあるご両親を持っていらっしゃるのですね。(^^)
世の中には、「女の子なんだから、留学なんて危ない!」と初めから
頭ごなしにNO!っていうご両親も多いんですよ。ご両親には感謝して
上げて下さいね。

さて、幸せってなんだと思います?
「大学を卒業して、大企業に就職して、適齢期にきちんと結婚して、
..」これをイメージします?

でも、よ~く周りを見回してください。そんな人知っている人にい
ますか?意外にいないものでしょう。(f^^;)

じゃあ、周りの人たちはみんな「不幸」ですか?
そりゃ、絶対にないですよね。

それに、仮にいたとしても、その人は本当にこの上ない幸せな生活
をしていると「本当」に思いますか?多分、そんなの分からないは
ずですよね。

って、ことはですね。初めから、こうしたら絶対に幸せになるなんて
方程式はないわけですよ。(^^)v

ご両親にしても、あなたの幸せを願っているだけですから、自分で
「幸せだ!楽しい!」って思えることをやれば一番良いんじゃない
ですか?

大学を卒業してから留学をしてもいいですし、在学中に行ってもいい
でしょう。それに、就職してお金を貯めてからでもいいんじゃないで
すか?

知らず知らずのうちに、日本人って自分を型にはめたがるクセがあり
ますからね。それをまず取り除いて考えると、結構楽になりますよ。

ただ、人間絶対に失敗をします。それは仕方ないことです。
でも、それを積み重ねることで、人への優しさや、人の苦しみが分か
るものです。命に危険のあること以外は、失敗を恐れずに、トライして
みてください。

普通の家庭の人が、留学ができるようにするNPO。私も、今これが一
つの夢です。T.N.さんが留学するときに、利用できるようになると
いいな~って思っています。

がんばってくださいね!

____________________________________
【英語の表現コーナー】English
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
☆ 英語をここで書いておきますので、意味を自分で考えて、 ☆
☆ 【お知らせ】の最後に、ある意味を読んでくださいね。(^^) ☆
The family you come from isn’t as important as
the family you’re going to have.
____________________________________
【お知らせ】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
<起業予定で~す!Part10>

前回NPOのコンセプトをアップしたのですが、ご覧になってくれました?
カウンターを見る限りだと、ほとんどの方が見られていないようなので、
ちょっと残念ですが、年末年始に是非ご覧になってくれればと思います。

頭に書いたように、先週タイへの出張があったため、アンケートのアップ
が遅れています。この週末に頑張って作る予定ですので、アンケートへの
回答の方もよろしくお願いします。

アンケートが完成しましたら、メールマガジンにてもご連絡させていただ
きます。

NPOは、一人では実現できません。
是非、一人でも多くの方のご協力をお願いできればと思っています。
ご協力を頂けそうな方、メールをお待ちしております。m(._.)m

それじゃ!
───────────────────────────────────
【英語の表現コーナー】Japanese

あなたが育った家庭は、これからあなたが持つ家庭ほど大切ではない。
by Ring Lardner
U.S. humorist and short-story writer; 1885-1993

<前々回の言葉に、これって近いでしょ?>

───────────────────────────────────
【あなたも参加しませんか?】
★ 留学経験者(留学中)の皆さんへ
あなたの、とっておきの「エピソード」をお待ちしています。
★ 留学に興味のある皆さんへ
留学に関するご質問をお受けします。
★ ご意見のある方へ
お手柔らかに…..(^^;)
>>>>>>>  mailto: crystal.shimazaki@nifty.ne.jp   <<<<<<<<<<<
───────────────────────────────────
◇ メールマガジン『さあ、行こう留学だ!』    配信総数:1,002
◆ 発行日 :1999年12月23日 週刊(毎週木曜日発行)
◇ 編集発行:クリスタル島崎 mailto:crystal.shimazaki@nifty.ne.jp
◆ Copyright(C)1999 crystal_SHIMAZAKI All rights reserved.
_/_/_/_/_/_/_/ ◇ Let’s Go! Study Abroad ◇ _/_/_/_/_/_/_/