14.さあ、行こう留学だ![2000年1月6日発行]<第14話 旅行-旅立ちの序曲>

2000年に発行したメールマガジンのため、現在使われていないメールアドレスや、内容がそぐわない情報もございます。何卒ご理解のほどお願いいたします。


 

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
さ あ、 行 こ う 留 学 だ !
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

発見とハプニングの連続。留学はとてもエキサイティングな人生の
「探検」だ。さあ、君も行こう留学へ!!

■ 今週の <目次>————————————————■
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
★ 著者から       ………….. おめでとうございます!
★ さあ、行こう留学だ! ………….. 第14話 旅行-旅立ちの序曲
★ ご質問コーナー    ………….. アメリカでの仕事
★ 英語の表現コーナー  ………….. Pay no attention to …
★ お知らせ       ………….. ご協力ありがとうございます。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

____________________________________
【著者から】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
新年、明けましておめでとうございます。m(._.)m
今年も、よろしくお願い申し上げます。

西暦二千年ですね!
新年をお祝いして、今回から数回に分けて、私の留学の最大のイベントの一つ
である貧乏旅行のお話を書きます。たった1ヶ月間の旅行でしたが、得るものが
とてもたくさんありました。

みなさんも、是非、若いうちに一度はこういう体験をしてみてくださいね。
さあ、それでは、はじまり、はじまり、…..。
____________________________________
【さあ、行こう留学だ!】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
<第14話 旅行 - 旅立ちの序曲>

一年目の冬休みは、私の人生にとって一つのメモリアルだと思っている。

それまでの20年間、どんなに大きな口を叩いても親の保護下にあり、自分
一人で決断することなど一度もなかった。しかし、親から離れ一人で異国
で生活するようになると、自分で判断し、行動し、責任を取ることが必要
になってくる。

すると、本当の自分の性格がよくわかってくるものだ。
私の場合は、かなり臆病者だったと感じる。どうしても、保身に走りがち
で、未知の物に対して、喜んでチャレンジするなんて出来ない。でも、そ
んな自分がとてもイヤだから、時々その反発で何かに挑戦したりしている
ようだ。

だから、振り返って見ると「よく、やったよな~」って感じることが時々
あったりする。人間なんて不思議なものだよね。

20歳で迎えた留学初めての冬、学校が休みに入るときに、身を守ることか
ら飛びだし、無謀にも貧乏一人旅にチャレンジすることになった。

冬休みは大体一ヶ月ある。
12月はまるまるお休み。その間、留学生は日本に帰る人を除いては、寮に
残るか、友達の家に居候させてもらうかするのが一般的。私の場合は、残
念ながら冬休みになる前までに、居候させてくれそうな友達も出来ず、そ
のまま学校の寮に残って時間をつぶすしかない状況だった。

でも、寮に居たって話し相手がいるわけでもなし、勉強するわけでなし、
食事だって歩いて20分ほど先にハンバーガー屋があることを除いては、レ
ストランなんて何もない。不便な生活になることが目に見えていた。

寮にいても無料じゃないし、食事だってすべて外食に頼っていたら、それ
こそ何もしなくても、お金はどんどん飛んでいってしまう。そう考えたら、
寮の滞在費をバス代にあてて、食費をケチってアメリカを体験する一人旅
にでも出ようかと思っても不思議じゃない。

でも、ほとんど予算がない。
なんせ私の両親は、自分たちの生活を切り詰めるだけ切り詰めて、私を留
学に出してくれたのだから、無理は言えない。結局、寮にいてかかる生活
費ににちょっとプラスする程度の予算しか組めない。

ヒッチハイクをしていくことも考えたが、さすがにそこまでの勇気はなく、
グレーハウンドのバス定期を購入することにした。

最近は、「進め電波少年」の影響で、無謀にもヒッチハイクだけで、ほと
んどお金を使わずに、人のお世話になるばかりの旅行をする人が増えたら
しいと雑誌で読んだことがあるけど、そんな旅行はあまり進めたくない。

だって、どれだけ多くの人がヒッチハイク中に誘拐されて帰らぬ人になっ
ていることか、….。この旅行中に私も一度だけ、ヒッチハイクをしたけ
ど、やっぱり一人では危険だと思う。

ましてや、人にお世話になるってことは、人に恩を返す気持ちがなければ
絶対にしてはいけないんじゃないかと思っている。マ~、私の主観だけど。

さて、話を元に戻しましょう。
そのバスの定期は、アメリカ全土一ヶ月好きなだけ旅行できるものだ。そ
れを使って、宿泊施設を利用しないように、なるべく夜は夜行バスを活用
してバスの中で寝る計画を立てた。でも、それをしても食費は一日$10
だけ。なんとも、財布の中は心細い限りだった。

さて行き先だが、1ヶ月でアメリカ大陸を横断することも考えたが、やっぱ
り、一度はニューヨークへ行ってみたい!とばかり、ロマンチックなクリス
マス時期のニューヨークへと旅立つことに決めた。

しかし、真冬のニューヨークに長期滞在することも予算的にまったく出来
ない。そこで、私のいたジョージア州から、テネシー州経由で一路ニュー
ヨークへ、そして、数日ニューヨークへ滞在した後に、南下してアメリカ
最南端のキーウエストへ行く、アメリカ大陸縦断とすることにした。

ニューヨークの滞在先は、もちろん貧乏旅行の友「ユースホステル」。
さすがに冬のニューヨークは寒く、野宿をして凍死するのもいやだったから、
南下する際のお金を少し先食いすることにした。あと、今までけちけちして
ためた小遣いを予備として持って行くことにした。といっても、$120く
らいしか予備はなかったけどね。(f^^;)

でも、心はバスの定期を買いに行く直前まで揺れていた。
お金だってあまり持っていないし、英語もろくすっぽ話せない、危険だっ
てたくさんあるに違いない。そう考えると、やはり「怖かった」。本当に
怖かった。

このまま寮に残っても絶対につまらない冬休みになることは確実なのに、
「何もしなければ危険も不安もない」っていう誘惑にもかられ、暗い顔を
しながら悩んでいた。(優柔不断だよね…)

どうしよう、どうしよう、と悩んでいるときに、友達に計画を話してみた。
そして、その女性の一言が私の行動を決めた。

「若いときにしか、貧乏旅行ってできないよ。」

そうなんだよね、年取ってからじゃ、こんな無謀な計画は立てられない。
それに、貧乏だから見えてくるものもあるって思ったら、私の行動は決ま
った。

出発する!

彼女と話たその日のうちに、学校の寮から20分ほど歩いたところにあるバ
ス会社のオフィースに、1ヶ月の定期を買いにいく自分があった。冬の夕日
を背中に受けながら、行くんだ、行くんだ!と自分に言い聞かせながら、
落ち葉を踏みしめて歩いたのを鮮明に覚えている。

(^^)v
____________________________________
【ご質問コーナー】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
<   いつも、たくさんのご質問ありがとうございます!m(._.)m   >
<   こちらで、ご紹介できないご質問は、随時「臨時増刊号」を   >
<   発行して参ります。また、メールを頂いてもご返事が遅れる   >
<   場合がありますが、ご容赦下さい。              >

■□ ご質問 □■
初めまして
夫婦でいつも楽しみに読ませて頂いています
私は28歳のサラリーマンなんですが、社会に出てそろそろ6年
になります。
それで一番感じるのが「日本以外の文化にも触れないとだめだ」
ということです。
そこで私は1年前くらいから海外で仕事をしたいと考えるように
なりました。
ただ英語力は海外旅行や英会話教室など相手が聞く姿勢のときに
会話が出来る程度です。
仕事は、ネットワーク管理、品質管理を兼務しており、ISO9001の
認証取得経験を持っています。
出来れば、海外にいっても同種の仕事に就きたいと思っているの
ですが可能でしょうか?
ISOなどはアメリカではどのように捉えられているのでしょう
か?

■□ ご返事 □■
Yさん、メールありがとうございました。
ご夫妻でご覧になってくれているなんて、とても光栄です。

海外で働くパターンは大きく分けて二通りあります。
一つは、日本から派遣されて現地で仕事をする場合。
そして、もう一つは現地に行って仕事を探す場合です。

一般的に、自分でグリーンカードの申請をし、現地で仕事を探す
ことは、かなり難しいのが現状です。よっぽどの専門知識でもお
持ちにならない限り、日本での収入を下回るの場合が多いようで
す。ただ、生活のための物価が日本はめちゃくちゃ高いので、収
入が減ったからといって、それほど現地での生活が苦しくなった
と感じることはないらしいです。それでも、日本円に換算すると
ちょっと愕然とするらしいですが….。

それに比べて、私も経験して感じることですが、2~3年程度の
滞在でもいいのなら、駐在扱いが断然有利です。給料は日本にい
る場合よりも多くなりますし、滞在費に関しても会社持ちですか
ら、環境の良い場所に住むことが出来ます。

永住を希望しないのであれば、アメリカに事務所のある会社を探
すのが一番希望を達成しやすいと思います。

ちなみに、現在留学している方に教えたいのですが、日本にいて
給料をたくさん貰える方法をこの場を借りて教えたいと思います。

それは、留学先に本社のある企業に留学後に就職し、日本に派遣
してもらうことです。住宅手当、月80万円。月額給料、100万円も、
夢ではありません。(もちろん、ボーナスだってすごい!)

もちろん、日本に派遣してくれるかどうか、また、入社できても
すぐに派遣させてくれるとは限りませんから、何年後になるかは
保証の限りではありませんが、現実、現在私の勤めている会社を
退職して、これと同じ方法で、アメリカから派遣させてもらって
いる人は、現在「赤坂」にマンションを借りて生活できる身分で
す。

話がづれてしまいましたが、YさんがISOの知識を持っていること
は役に立つとは思いますが、アメリカ人で同じ資格を持っている
人を差し置いて、日本人のYさんがそれを武器に仕事にありつける
かと言うと、ちょっと難しいかもしれません。

ただ、何事も売り込み次第ですから、現地の日系企業相手のISO
関連のコンサルタント会社等にアプローチすると、場合によって
は良いかもしれません。メールでも送ってみて尋ねては如何です
か?ネットワーク管理や、品質管理の知識も持っていることを前
面に出して、交渉することをお勧めします。

徹底的に自己アピールをしたアメリカ的な履歴書を作成して、あ
ちらこちらのアメリカ企業に送って見たらどうでしょう?返事が
来たら儲けものと思っていればそんなにストレスも貯まらないで
しょう。

ちなみに、アメリカ的履歴書の書き方を知りたいようでしたら、
またメールを下さい。書き方を伝授しますから!(^^)

最後に、英語は心配いりませんヨ。
最近あるアメリカの企業の人とTV会議をしたのですが、インド人
でして、何を話しているのか全然判らないほど発音がめちゃくち
ゃでした。アメリカ人も困惑するほど酷い英語を話していました
が、彼は技術力で仕事をしているので、英語力なんて二の次だと
いうことでした。

相手が欲しているものを持っているかどうかがすべてのキーです
よね。

それじゃ、頑張ってくださいね!

____________________________________
【英語の表現コーナー】English
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
☆ 英語をここで書いておきますので、意味を自分で考えて、 ☆
☆ 【お知らせ】の最後に、ある意味を読んでくださいね。(^^) ☆
Pay no attention to what the critics say;
no statue has ever been put up of a critic.
____________________________________
【お知らせ】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
<起業予定で~す!Part12>

昨年末、cgiで苦労しているとアップしましたところ、匿名の大学生の方
から助け船を出してもらいました。私の作ったソフトを診てもらうべく、
昨日メールを送らせてもらっております。

本当に、感謝、感謝であります。

また、徐々にですが、数名の方からNPOの企画に賛同頂けるとメールを頂
いております。これから、具体的な活動をすべく、ご協力を頂ける方々の
お力を借りながら、実現に向けて一歩一歩進んでいければと思っています。

このミレニアムが、希望の年になるように、頑張りたいと思います。

それでは!
───────────────────────────────────
【英語の表現コーナー】Japanese

評論家の言葉に耳を貸すな。評論家のために建てられた銅像
などいまだかつてないのだから。
Jean Sibelius  French composer; 1865-1957

<人の言葉に惑わされず、自分の信じる道を進みましょうね!>

───────────────────────────────────
【あなたも参加しませんか?】
★ 留学経験者(留学中)の皆さんへ
あなたの、とっておきの「エピソード」をお待ちしています。
★ 留学に興味のある皆さんへ
留学に関するご質問をお受けします。
★ ご意見のある方へ
お手柔らかに…..(^^;)
>>>>>>>  mailto: crystal.shimazaki@nifty.ne.jp   <<<<<<<<<<<
───────────────────────────────────
◇ メールマガジン『さあ、行こう留学だ!』    配信総数:1,002
◆ 発行日 :2000年1月6日 週刊(毎週木曜日発行)
◇ 編集発行:クリスタル島崎 mailto:crystal.shimazaki@nifty.ne.jp
◆ Copyright(C)1999 crystal_SHIMAZAKI All rights reserved.
_/_/_/_/_/_/_/ ◇ Let’s Go! Study Abroad ◇ _/_/_/_/_/_/_/