28.さあ、行こう留学だ![2000年4月13日発行]<第28話 たばこ>

2000年に発行したメールマガジンのため、現在使われていないメールアドレスや、内容がそぐわない情報もございます。何卒ご理解のほどお願いいたします。


 

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
さ あ、 行 こ う 留 学 だ !
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

   発見とハプニングの連続。留学はとてもエキサイティングな人生の
「探検」だ。さあ、君も行こう留学へ!!

■ 今週の <目次>————————————————■
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
★ 著者から       ………….. お見舞いメールありがとう!
★ さあ、行こう留学だ! ………….. 第28話 たばこ
★ ご質問コーナー    …………..  漠然とした夢
★ 英語の表現コーナー  ………….. One of the greatest ….
★ お知らせ       ………….. 法人手続き

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

____________________________________
【著者から】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

みなさん、コンニチハ!

何人かの読者の方から、お見舞いのメールを頂きました。
ありがとうございます。徐々にリカバリーしはじめていますが、ちょっと
精神的に弱気になってきており参っております。

家の中を歩いたり起きたりしている分には、かなり体調が戻ってきている
とは感じるのですが、外を歩くと5分も経たない内に、クラクラ来てしまい
まうため、なんとか散歩でもして体力をつけなければと思っても結構しん
どい状況です。

「お腹(丹田)に力が入らない」って感じです。
徐々に、元のペースに戻すべく、臨時増刊号も発行して行きたいと思いま
すので、しばらくは暖かいお気持ちでお待ち頂ければと思います。

それじゃ、皆様お体を大切に!
____________________________________
【さあ、行こう留学だ!】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
<第28話 たばこ>

今回は、タバコに関するエピソードを紹介しよう。

アメリカ発の「禁煙運動」は世界に広がっている。
日本でも、数年前からオフィースでタバコが吸えなくなったりしているため
環境が改善されてきて嬉しい限りだ。なんせ、喫煙が許可されていたころは、
年末の大掃除の雑巾は見られたものじゃなかった。書庫ロッカー、壁だけで
なく、スチール机の横等、奥の方まで『ヤニ色!』。これじゃ体に良いわけ
はない。

とは言っても、実は私もタバコを吸う。(f^^;)
マ~、元々禁断症状がでるまでの依存症ではないので1週間に一箱もあれば
十分なのだが、学生時代は勉強に疲れて図書館から出てキャンパスを眺め
ながら一服するのがとても良いストレス発散になっていた。

ある日、授業が始まるのを待っていたときだ、廊下でたくさんの生徒が教
室が開くのを待っていた。廊下の端には喫煙所があり、タバコを吸う生徒
たちが灰皿を中心にして輪を作っていた。私も時間を持て余していたので
一服していたが、そろそろクラスが始まると思い、その場を立ち去ろうと
していた。

すると、そばにいたアラブ系の留学生がツカツカと近寄ってきて私に向か
って『火ありますか?』と聞いてきた。私は、タバコを吸うのに火がない
んだな?と思い、すかさず「あるよ。」と答えてカバンの中からライター
を出そうとしたところ、そのアラブ系の留学生、私がタバコを吸うことを
確認したらしく、『それなら、タバコ下さい。』と言ってきたのだ。

タバコを吸う人なら分かると思うが、タバコの一本や二本上げるなんて
気にならないものだ。自分も手持ちにないときには、貰ったりしているの
だから、『タバコ貰えますか?』と言われれば、誰だってそんなに気にせ
ずに上げるのだが、そのアラブ系の学生に対してはちょっと腹が立った。

何故なら、『火があるなら、タバコも持っているだろう。』という二段論
法で、私が持っていないと言い訳ができないように話を持ってきたからだ。

マ~、そのときにはそのまま一本渡してやったが、腹が立った。
これが『アラブの商人』のやり方なのかどうか知らないが、彼は目的を果
たし、私は気分の悪い思いをしたのだ。

これは、タバコのとても忘れられない思い出として鮮明に記憶に残ってい
る。

ちなみに、その学生の姿はしばらくしてキャンパスから消えていたので、
中退したのか、逃亡したのか、….。英語がほとんど話せなかった様子だ
ったので、きっと退学になったのかもしれない….。ザマ~見ろ!(^^)v

********

それから、タバコに関して鮮明に覚えていることがある。

あれは寮に住んでいた頃のこと、当時ラッセルという元気でニコニコ笑う
学生がいた。彼は、ほとんど英語を話せない日本人留学生の私なんかにも
分け隔てなく挨拶をしてくれたりして、とても良い学生だった。

その彼が、寮の中を裸足でドタドタ走りながら大笑いをして寮のみんなに
呼びかけていた。「やった、やった!(All right! All right!)」と、誰か
に話をしたかったらしく、飛び跳ねていたのだ。

たまたま部屋にいた私は、「どうしたの?」と廊下を飛び跳ねている彼に
向かって尋ねたところ、あまりにも嬉しかったらしく息を切らせながら早
口で捲くし立てながら、「俺の部屋にきてみな!」と呼んでくれた。

彼の部屋は私と同じフロアーの角にあり、大学のグランドが見渡せる見晴
らしの良い部屋だった。ちなみに、彼のルームメートはラッセルとは正反
対の性格で、ちょっと陰気そうな雰囲気の男だった。ちょっと痩せこけて、
黒系の服を好み、背中を丸める癖のある『噛みタバコ』を好んでいた奴だ
った。そして、「ペッ、ペッ」とよく唾を吐いていた。

ちなみに、ここでちょっと説明を加えよう。よくアメリカの野球選手が
チュウインガムを噛んでいるようにして、唾を頻繁に吐いているのを見た
ことはないだろうか?あれが、その『噛みタバコ』だ。

ニベアの缶程度の入れ物に入っているのだが、蓋を開けると中には湿っ
たタバコの葉が入っている。それを、指で一掴みして唇と歯の間に詰め込
み、噛むようにしてタバコのエキスを楽しむ(?)のだ。もちろん、煙に
して肺に入れてもニコチンやタールが溜まって体に悪いのだから、当然
口の中に入れたタバコと唾の混合物(f^^;)は体に良いわけがない、そのた
め、口から吐き出しているというわけだ。

さて、話を元に戻そう。
私を部屋の入り口に連れてきた彼は、ルームメートが授業に言っているこ
とをまず私に伝え、順を追って説明してくれた。

ラッセルはルームメートの『噛みタバコ』が嫌いだった。理由は、外で噛む
分には唾を吐いていても気に掛からないが、部屋の中でまさか床に唾を吐く
わけにはいかないので、彼は「痰壷」ならぬ、『噛みタバココップ』を準備
して、その中に唾を吐いていたことから始まる。なぜなら、頻繁にそのコッ
プを洗っていればそんなに気に掛からないのだが、彼はそのコップが唾で一
杯になるまで捨てないのだそうだ…。ゲゲゲ…(*_*)

コップの大きさは、マクドナルドのMサイズほどの大きさ…。(@_@)
そりゃ、ラッセルにとっちゃ気分が悪かったろう。

ましてや、そのコップはルームメートの机の横にあるの窓際に置いていたそ
うだ。つまり、窓を開けて換気をすると、「モロに」その匂いを部屋中に拡
散させてしまうわけだ。まったくもって最悪!

ラッセルも人がいいのだろう、今まで我慢してたらしのだが、今回はその鬱
憤(うっぷん)を一挙に解消した。

それは、(彼は笑いをこらえながら一生懸命話をしてくれていた)、何と
部屋のブラインドが風の勢いで大きく揺れてしまい、その『噛みタバココッ
プ』を倒して、何とルームメートのベットの上に一面ぶちまけたからだ(+_+)

あんまり想像はしたくないが、よっぽど「グロテスク」&「悪臭」だったこ
とだろう。

たしかに、見るとそのベットの上にはブランケットもシーツもなかった。
ルームメートは、授業が始まる前に全てはずしてコインロッカーに持っ
っていったというのだ。

その様子があまりにも滑稽だったらしく、ラッセルは寮のみんなにその話が
したかったらしいのだ。

あれからしばらくして、ラッセルは大学を卒業して不況の最中のアメリカで
はめずらしく「ゼロックス」に就職が決まったと話をしてくれた。

しかし、あのときのラッセルのうれしそうな顔は今でも忘れられない。
(^^;)
____________________________________
【ご質問コーナー】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
<   いつも、たくさんのご質問ありがとうございます!m(._.)m   >
<   こちらでご紹介できないご質問は、随時「臨時増刊号」を    >
<   発行して参ります。また、メールを頂いてもご返事が遅れる   >
<   場合がありますが、ご容赦下さい。              >

■□ ご質問 □■

ハジメマシテ。
月並みですが、いつもメールマガジンの発送を心待ちにしており
マス!moという者でございます。

いきなり本題に入らせていただきます。。
ワタクシは現在、日本の大学4年です。
周りの同級生などは大体、とりあえず就職先を決めたという状態
ですが、私はいまだやりたいことが決まらないと言いますか、夢
はあるのです。それは、「外国(イギリスを今のところは希望)に
住んで、現地で働く」コトなのです。我ながら、あまりに漠然とし
た「夢」のような「夢」だな・・・と思ってしまいます。外国で、○○
(例えばスタイリストになりたいだとか)になる!といった具体的
な希望が特にないのです。強いて言えば、服屋で働きたいな、、
程度なのです。それなので、今現在は、外国で住むためのお金
を持ち得ていないので、お金を貯めている状態です。しかし、貯
めると言いましても、何か自分の為になることをやりつつ、1、2
年は頑張りたい、と考えております。また、ワーキングホリデー
がそのうちイギリスも対象となるので、まずはワーホリ制度を利
用しようかな、とも考えております。なんだか、何が言いたいのか、
良く分からなくなっておりますので、まとめませていただきますと
”こんな漠然とした希望で外国に行くのもアリなのか!?”という
ことなのです。
お忙しいとは思われますが、御返事いただけたら嬉しく思います。
それでは、これからも楽しみにしております。         mo

■□ ご返事 □■

moさん、コンニチハ!

メールありがとうございました。このメールを頂いたのが年末で
すから、もう既にご卒業していることと思いますが、まだ私の
メールマガジンを読んでいてくれていますでしょうか?(^^)

4月に入り、新入生や新入社員の姿が目に入り、世の中が新しく
スタートしはじめている中で、同級生の就職の様子を見たりして
いると、ちょっと寂しくなっている時期かもしれませんね。

「漠然とした夢」を追いかけることって、時として自分自身でも
不安になるし、ましてや人に話すことってとっても勇気が要りま
すよね。

最後に書かれた私への質問の
”こんな漠然とした希望で外国に行くのもアリなのか!?”
の中には、そんな気持ちが現れているような気がします。

でも、安心してください。
たぶん、ほとんどの人達は同じです。確信をもって、明確な意識
と目的を持って生きている人なんてほどんどいないでしょう。

そして、たぶんそうやって生きていけるように努力する毎日が
大切で、結果として何かが導かれるような気がします。

イギリスで洋服屋さんに働きたいんですよね。
私からするとこれって比較的明確な夢のような気がします。
人に話すと、理由は何だ?と聞かれるかもしれませんが、そんな
ことは気にすることはないでしょう。だって、「夢」が先で、そ
れを説明する「言葉」は後から作られるのですから。

私は結構神様の存在を信じたりしているのですが、漠然とした
想いって、神様の声のような気がするのですよね。

ご存知だとは思いますが、背広の語源である「セイビュロード」と
いうストリートがロンドンにあります。その通りで作られている
スーツは天下一品です。

人の無責任な言葉に従うより、自分の心の中から聞こえてくる
漠然とした声を信じた方が、きっと幸せになるのだと思いますよ。

ワーキングホリデートライしてみて下さいね。

それじゃ!
____________________________________
【英語の表現コーナー】English
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
☆  まず意味を自分で考えてから、【お知らせ】の最後にある「訳」   ☆
☆  を読んでくださいね。(^^)                   ☆

One of the greatest pains to human nature
is the pain of a new idea.

____________________________________
【お知らせ】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

NPOを設立するに当たり、神奈川県が発行している「特定非営利活動法人関
係事務の案内」なるものを入手して、法人として必要な事項を勉強してお
ります。やはり法人にするためにはいろいろとあるようで、慣れない法律
用語や、手続きにちょっと戸惑っています。(f^^;)

16種類の書類を提出する必要がありますが、最も重要なことは「定款」を
定めることです。

また、構成されるメンバーは
理事:3名以上  (☆総会で選任される)
監事:1名以上  (☆総会で選任される)
社員:10名以上 (会員のことを「社員」と言うらしいです)

さらに、
総会を開くことが要求されています。

さて、ここでいくつかの課題が明確になってきました。下記に課題と対応
案を書きます。
課題1)定款の作成
対応案) 定款の作成はこれから少しずつこの場を借りて私が
作成していきます。(案ベース)[目標時期:5月末]
最終作成に関しては、想定される理事、監事の
チェックの上完了させる。[目標時期:6月末]

課題2)理事、監事の選任、社員(会員)の募集
対応案) 〇理事、監事に関して
私の方で信頼できる方にお願いしますが、このメー
ルマガジンを読まれている方で、立候補または推薦
があれば是非ご一報下さい。[目標時期:6月末]
〇社員(会員)に関して
基本的に活動趣旨に同意頂ける方ならどなたでも
よいと考えます。
※総会に対してどのように全国規模のNPOは対応を
取っているか調べる必要あり。

課題3)総会の開会(社員[会員]半数以上の出席が必要)
対応案)会員の地理的制限をどのようにクリアーできるか別途
調査。それに応じて、社員(会員)の正式な募集を行い
総会を開会する。[目標時期:8月末]

最後に、
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆ 横浜近辺にお住まいの方で実作業(月に2回ほどの打ち合せ、 ☆
☆ 及び作業)をお手伝い頂ける方を募集します。メールでご連絡 ☆
☆ 下さい。                         ☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
お待ちしています。

それじゃ!
───────────────────────────────────
【英語の表現コーナー】Japanese

人間性にとって最大の苦痛の一つは、新しい思想を受け入れる
苦痛である。
– Walter Bagehot
(British writer and economist; 1826-77)

<ときには頭の中をAll Resetする勇気が必要なのでしょうね。>

───────────────────────────────────
【あなたも参加しませんか?】
★ 留学経験者(留学中)の皆さんへ
あなたの、とっておきの「エピソード」をお待ちしています。
★ 留学に興味のある皆さんへ
留学に関するご質問をお受けします。
★ ご意見のある方へ
お手柔らかに…..(^^;)
>>>>>>>  mailto: crystal.shimazaki@nifty.ne.jp   <<<<<<<<<<<
───────────────────────────────────
◇ メールマガジン『さあ、行こう留学だ!』    配信総数:1078
◆ 発行日 :2000年4月13日 週刊(毎週木曜日発行)
◇ 編集発行:クリスタル島崎 mailto:crystal.shimazaki@nifty.ne.jp
◆ HomePage:http://www.figurenet.com
◇ Copyright(C)1999-2000 crystal_SHIMAZAKI All rights reserved.
_/_/_/_/_/_/_/ ◇ Let’s Go! Study Abroad ◇ _/_/_/_/_/_/_/