86.さあ、行こう留学だ![2002年2月24日発行]<第86話 自由で平等な国>

2002年に発行したメールマガジンのため、現在使われていないメールアドレスや、内容がそぐわない情報もございます。何卒ご理解のほどお願いいたします。


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
さ あ、 行 こ う 留 学 だ !
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

   発見とハプニングの連続。留学はとてもエキサイティングな人生の
「探検」だ。さあ、君も行こう留学へ!!

■ 今週の <目次>————————————————■
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
★ 著者から       ……. A SEED JAPAN
★ さあ、行こう留学だ! ……. 第86話 自由で平等な国
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
==[PR]==================================================================
☆ PRを載せてくれる企業 大募集! ☆
連絡先:クリスタル島崎 crystal.shimazaki@nifty.ne.jpまで
========================================================================
____________________________________
【著者から】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
皆さん、こんにちは!

先週の金曜日に、財団法人横浜国際交流協会主催の『国際ボランティア
団体マネジメント講座』なるものを夜7時から9時までの2時間受講し
てきました。企画倒れとなっている「NPO-ARIGATOU」をどうやったら
実現できるか、何か糸口がつかめないか、と思って応募しました。

応募してよかった。そこでは、ボランティア団体の『A SEED JAPAN』を
立ち上げて、実際に600人ほどのボランティアを組織し、運営してい
る人の話を聴くことができたのですが、2時間感激しっぱなし。

今まで、私自身も仕事上かなり多くのプレゼンテーションをしましたし、
また他の人のも見てきましたが、レベル、いやランクと言ってもいいく
らい、その表現力、説明力、一体感、等々とても素晴らしかった。

まさに、感激!それも、20代の人が講師です!
とてもよい勉強になりました。

また、フツフツと自分の中で何かが動き始めた気がしています。

____________________________________
【さあ、行こう留学だ!】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
<第86話 自由で平等な国>

私たちはアメリカに、自由で平等な国という漠然としたイメージを
持っているが、日本人はこの二つの言葉を本当は理解してはいない
と思う。

私のPCに入っている「小学館のBookshelfの和英機能」を使って、
まずは、この『平等』の意味を調べてみた。すると、”equality”,
“impartiality”の二つの言葉が書かれている。

“equality”は、「均等」
“impartiality”は、「公平」だ。

同様に『自由』を調べると、やはり二つの言葉が出てくる
“freedom” 「束縛からの自由」と
“liberty” 「選択の自由」。

つまり、私たちは漠然と「自由と平等」という言葉を使っている
が、実はその気持ちはかなり『いい加減』で、本来の意図も理解
しないまま、都合に応じて使い分けている可能性があるというこ
とだ。

そして、一般的に冒頭に書いた私たちが漠然と持っているアメリカ
のイメージ「自由と平等」は言い換えると、ほとんどの人が多分
『(結果の)公平と、束縛からの自由』だろう。

しかし、本来は『(機会の)均等と、選択の自由』が正しいので
はないだろうか?

イギリスから独立を獲得したアメリカに、フランスから贈られた
あの有名な『自由の女神』。ヨーロッパからの移民船が、ニュー
ヨークへ入るときに、疲れた体を横たえながら見上げた、新大陸
への『憧れと希望』の像。

その『自由の女神』の英語のでの名称をもう一度思い返して欲し
い。

Statue of Liberty ….だ。
けして、Statue of Freedom ….ではない。

イギリスからの独立、「束縛からの自由」を獲得したことに対し
ての祝いの品ではなく、「選択の自由」を与えられたことに対す
る賛美があの像には込められているのだ。

この意識の違いは、かなり大きなものだと思う。

『(機会の)均等と、選択の自由』とは、けして生易しいもので
はない。アメリカでの自由は、生れたときから一個人として「独
り立ち」することから始まり、すべてに対して『自己責任』が背
景にあり、自由奔放で無責任を意味することではない。

アメリカの平等は「結果の平等」ではないのだ。

「独り立ち」とは、誰も保護してくれないということだ。

日本では、大人でさえ独り立ちできていない。リストラされて自
殺をする大人を見て子供たちは何を感じるのだろう?たしかに、
不当解雇でストレスを感じる場合もあるし、職の流動性に欠けて
いる日本では不安で死を選んでしまう気持ちも分からなくもない。

しかし、会社が一生面倒をみてくれるなんて妄想だ。
会社で利益を生むことができれば、会社はその人間を解雇するこ
とはないはずだ。また、GEのジャック・ウェルチも言っているが
「雇用は会社が与えるものではなく顧客が与えるもの」だ。誤解
してはならない。顧客がものを買ってくれなければ会社は存在し
えないのだ。

また、今働いている会社にとってお荷物になっているから、クビ
になっただけで、他の会社では価値があるかもしれない。クビに
なったことは反省すべきだが、そうやって考えてみれば、どの時
点でも再スタートをする勇気が湧いてくるはずだ。

また、逆に会社幹部の経営能力のなさで、事業がうまくいかず、
解雇されてしまった場合には、けしてその人が悪いわけではない。
自分で誇れるものを持っていれば、必ずその能力を欲する職場が
あるはずだから心配いらない。

自分を取り巻く環境がどう変化しても、独立独歩でしっかり生き
ていける人にのみ、『選択の自由』が与えられるのだ。

それでは、『機会の平等(均等)』とはなんだろう。

それは、アメリカの大学の数学のクラスを受ける一番よく分かる。
一番簡単なクラスを取ると、どんなに今まで数学の勉強が出来な
くても再スタートが出来るように、足し算の勉強からスタートする。
こんなことは日本ではありえない。

またアメリカの大学では、高校を卒業してから一度会社に勤め、
勉強の必要性を感じて勉強をし直す人が多く、いろいろな年代の
人がいる。だから、人生経験の豊富な人とも会える機会が多い。
スタートラインをいつでも引き直すことが出来る精神的な開放感
に満ちている。

何度でも、そしていつでも再挑戦できる環境。

ところが日本はどうだろう。会社では、『結果の平等』を目指す
あまり、安定志向になり、社会全体が「年功序列」…これなら
まだしも、「年齢序列」になってしまっている。逆に言えば、そ
れからドロップアウトしてしまうと、再起不能ということだ。

これでは、淋しすぎる。
けしてアメリカの考え方が常にベストだとは言わないが、常に希
望が持てる国に日本もなってほしいとつくづく思う。

それじゃ!

クリスタル
───────────────────────────────────
【あなたも参加しませんか?】
★ 留学経験者(留学中)の皆さんへ
あなたの、とっておきの「エピソード」をお待ちしています。
★ 留学に興味のある皆さんへ
留学に関するご質問をお受けします。
★ ご意見のある方へ
お手柔らかに…..(^^;)
★ご質問等に関しては、匿名にてメールマガジンに採用させて頂く
ことがありますので、ご了承下さい。
★登録、削除に関する対応はしていないので、あしからず。(^^;)
>>>>>>>  mailto: crystal.shimazaki@nifty.ne.jp   <<<<<<<<<<<
───────────────────────────────────

◇ メールマガジン『さあ、行こう留学だ!』    配信総数:1,154
◆   まぐまぐ(ID:18707):http://www.mag2.com/    [配信数: 907]
◇   Pubzine (ID:2591) :http://www.pubzine.com/ [配信数: 113]
◆   Macky!  (ID:1824) :http://macky.nifty.ne.jp/[配信数: 134]
◇ 発行日 :2002年2月24日週刊 (毎週木曜日発行予定(f^^;))
◆ 編集発行:クリスタル島崎 mailto:crystal.shimazaki@nifty.ne.jp
◇ HomePage:http://www.tim.hi-ho.ne.jp/fshimazaki
◆ さあ、行こう留学だ!読者の集い: ml4u@mail.cocode.ne.jp
◇ NPO-ARIGATOUメーリングリスト:  bestnpo@mail.cocode.ne.jp
◆ Copyright(C)1999-2002 crystal_SHIMAZAKI All rights reserved.

_/_/_/_/_/_/_/ ◇ Let’s Go! Study Abroad ◇ _/_/_/_/_/_/_/