22.さあ、行こう留学だ![2000年3月2日発行]<第22話 旅行 – 野宿は日本の習慣?!?>

2000年に発行したメールマガジンのため、現在使われていないメールアドレスや、内容がそぐわない情報もございます。何卒ご理解のほどお願いいたします。


 

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
さ あ、 行 こ う 留 学 だ !
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

   発見とハプニングの連続。留学はとてもエキサイティングな人生の
「探検」だ。さあ、君も行こう留学へ!!

■ 今週の <目次>————————————————■
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
★ 著者から       ………….. 病人状態
★ さあ、行こう留学だ! ……. 第22話 旅行 – 野宿は日本の習慣?!?
★ ご質問コーナー    …………..  a proficiency test
★ 英語の表現コーナー  ………….. Never go to bed ….
★ お知らせ       ………….. 熊のプ~さん(^^)

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

____________________________________
【著者から】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

最近、めっきり病人状態となっております。無理して出張に出たことがいけ
なかったのかもしれません。

先週末から、首の右側のリンパ腺が腫れてしまい熱っぽかったり、体がだる
かったりと、普段の不摂生が祟っているのでしょうか?今は左頭後ろの偏頭
痛であります。

以前医者にもらった、抗生物質を適当に飲んだところ(f^^;)少し調子が
良くなってはいますが、この暖かくなったり寒くなったりの気候は困りもの
ですよね~。

皆様、お体を大切に!

☆☆☆ 重要 ☆☆☆

アンケート入力がうまくできなかった様で、皆様にはご迷惑をお掛けしま
した。リストを全部クリアーしましたので、恐縮ですが、アンケート入力
もう一度試してくれませんか?

宜しくお願いします。

____________________________________
【さあ、行こう留学だ!】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
<第22話 旅行 - 野宿は日本の習慣?!?>

お金のない旅行っていうのは、お金のある人の旅行に比べると、金額に
反比例して多くの経験をすることができる。もちろん、お金がなければでき
ないこともたくさんあるけど、お金を使うということは、誰かにお金を払うこと
だから、イコール誰かがお膳立てしてくれることを意味する。

つまり、自分では出来ないということだ。

この世に産まれてきたからにゃ、いろんなことを体験しよう。

貧乏旅行の目的地は、アメリカの最南端「キーウエスト」だった。
途中、一人の日本人留学生と合流して、フロリダへと一路バスで進んで
いったが、バスの進む距離に比例して、北部の凍るような寒さから、南
国の温かさ(暑さ)へと変わっていく様子を見るにつけ、「アメリカはデ
ケ~な~」とつくづく感じさせられた。

ご存知のように、フロリダは、「バケーションランド」!
いくらお金がないからといっても、そこは童心に返って「ディズニーワ
ールドには絶対に行くぞ!」と決めていた。入場料はなんとかなった
としても、リゾート地のホテル代まで出すほどお金がなかったし、夜行
バスの中で寝るのもさすがに疲れが出ていたので、暖かければ野宿
をしようと思っていた。

当時、ディズニーワールドの入り口には、広々とした草むらで荒涼と
していた。私たちにとっては、その場所は最適な「寝床」に見えた。

その場所に到着したのは、既に夕方4時過ぎ、陽が落ちるまではまだ
時間があったので、私たち二人は荷物を抱えて草むらに入り、適当な
ところに荷物を置いた。

明日の朝まで過ごすのに少なくとも水がいるだろうと思い、手提げの
ビニール袋を持ってディズニーワールドの入り口に行き、袋いっぱい
に水を入れた。少し袋に穴が開いていたのだろう、草むらへ帰る途中
その水を「ボトボト」とこぼしながら進んだ。

周りの人達からすれば、こ汚い東洋人が大きなビニール袋に水を抱
えて、それも半分くらいこぼしながら草むら方向に歩いていく様子は
よっぽど滑稽に思えたのだろう。草むら入り口まであと10mほどにな
ったころで、パトカーが来てしまった。

間一髪!
お巡りさんたちは、いつものように、いつものごとく銃に手を当てなが
ら、私たち二人に近づいてきた。

ここからは、職務質問。
警察  :その水はなんだ? (ニヤニヤしている)
私たち :飲み水。     (ニコニコして返す)
警察  :これからどこに行くんだ?
(ゆっくりした英語で話してくる)
私たち :あの草むらの中。 (何事か?といった顔で返す)
警察  :草むらで泊まってはいけない。
(ちょっと、マジな目で見つめる)
私たち :エッ?知らなかった。
(そんな常識があるのか?とばかりの顔)
『日本では、こういった遊園地に行くときには、草むら
で野宿する習慣があるんだ!』
(まるっきりの大ウソをつく(f^^;))
警察  :(ニヤニヤ)….。
私たち :駄目なのか?(往生際が悪い…)
警察  :どこに行くんだ、そこまで連れていってやる
(まだニヤニヤしている)
私たち :(あきらめて)草むらに荷物があるから、バス停まで…。
警察  :(また、ニヤニヤ)

仕方なく、荷物を草むらから持ってきて、パトカーに乗せてもらい、
バス停にまで送ってもらったのだが、終始ニヤニヤ顔の警察官は、
この手の「ノジュラ~」(野宿をしようとする人…私の造語)を
よく知っているらしく、10分ほどの間、私たちのへたくそな英会話
に付き合ってくれた。

そんなに怒っている様子でもなかったので、バス停に到着したとき、
私はすかさず「一緒に写真をとってももいいか?」と一(いち)観
光客として、警察のお兄さんに写真を申し込んだら、何とOK!。(f^^;)

パトカーを後ろにして、2ショット写真を撮ってしまった。

….しかし、寝るところを失った私たちは、再び夜行バスのブーメ
ラン旅行に旅立ったのでありました。
付録
< 『さあ、行こう留学だ!』専用特殊辞書! >

ブーメラン旅行:
ブーメラン旅行とは、A駅からB駅に出発するバスに乗込み、
再びB駅からA駅に戻ってくることをいう。
行って帰ってくるが、目的地は出発点のA駅。

A駅の地域で一日過ごしたいが、すでに夕方もしくは夜間に
なってしまい、A駅近くで宿を探すお金がないときにする行為。

バス停で寝ると警備員に捕まるが、夜行バスの中なら捕まらない。
そのため、移動するバスを寝床にする。しかし、目的地は出発点
であることから、夜中に到着するB駅を選び、折り返して帰るバスに
乗り換える必要がる。

バスの中であまりよく眠れない上、夜中に乗り降りをしなければな
らない、どうしようもない旅行。

但し、基本的に寝ている間の安全は確保される。終わり

(f^^;)ア~、肩凝った!

(^^;)
____________________________________
【ご質問コーナー】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
<   いつも、たくさんのご質問ありがとうございます!m(._.)m   >
<   こちらでご紹介できないご質問は、随時「臨時増刊号」を    >
<   発行して参ります。また、メールを頂いてもご返事が遅れる   >
<   場合がありますが、ご容赦下さい。              >

■□ ご質問 □■

<2月28日の臨時増刊号でご返事を書かせていただいたドンドコさんから>

クリスタル島崎様へ

お返事どうもありがとうございました。
私の送った文章が大変理解しにくいもので申し訳ありませんでした。
文章の趣旨を明確にしたいと思います。

条件付き入学などとは異なり、アメリカの大学のTOEFLの基準点を
クリアしている場合でも、「a proficiency test」があることを私の大
学のアメリカ人の教授が言っていました。(この教授が参考に教えてく
れた大学はカンザス大学‘the University of Kansas’です。)

しかし、この「a proficiency test」が全米の大学に設けられているわ
けではなく、大学によって、異なるそうです。
また、このテストは入学試験ではありません。入学後に行われるテスト
です。授業の履修登録をする前に行われるテストだと思います。

このようなテストが大学に設けられている場合、このテストで自分の英
語力が大学の授業についていけるレベルに達しているかどうか判断され
るそうです。

もしレベルに達していないと判断されれば、そのレベルに達するまでE
SLなどの英語のクラスを履修しなければならないそうです。(英語の
クラスのみの履修という形ではなく、大学の授業と併行して行われると
思います。)また、TOEFLの点数600点以上をもつ優秀な生徒な
どにはこのテストが免除される場合もあるそうです。

私はまだ希望する大学にこのテストがあるかどうかは確認していません。
私は上記のように入学後のテストについて心配していますが、実は、つ
い最近TOEFLを受験したばかりなので、まだ自分の英語力がどのく
らいかは分かりません。(ちなみに、英検2級を取得しています。)

私は同学部の編入を希望していますが、まだ編入に関してあまり調べて
いません。クリスタル島崎様は日本の大学卒業後、同じ学部の場合編入
して卒業単位を取得するまで2年間は必要ないとおっしゃっていました
が、仮に希望するTOEFLの基準点525点をクリアしている場合、
ヒアリングやスピーキングに自信がなくても、アメリカの大学を2年間
で卒業できると思われますか?
(私が金銭的な問題を含めて留学期間が2年間と書いたのは親への負担
を考慮したものです。)

最後に私が良い情報ありましたら、教えて下さいと書いたのは上記に関
連する情報(編入など)を意味しました。つまり、編入などに関して知
っていることありましたら、教えて下さいと言うことを意味しました。

このような誤解を招くようなメールを送ったことを深くお詫びいたしま
す。

ドンドコ
■□ ご返事 □■

どんどこさんへ、メールありがとうございました。

私も「a proficiency test」なるものがあることを初めて知りました。
多分、TOEFLの得点を取っても、十分にクラスについていけない
留学生が増えたことが背景にあるのでしょうね。

努力しない留学生が増えているのは、悲しいですよね。

でも、この「a proficiency test」は、留学生に取っては役に立つクラス
でしょう。多分、その辺の英会話学校よりも「真剣」に勉強することに
なるでしょうし、仮にパスしなかったとしても、他の大学のクラスは取
れるようですから、特に心配せずに、ド~ンと受けてみては?

前回のメールを読ませていただいたときは、ちょっと不安があった
のですが、今回のメールできちんと論旨を明確にする能力がある
方だとわかりましたので、多分思考能力もしっかりしていることで
しょう。心配はいりませんよ!(^^)v

それから、ヒヤリングやスピーキングに自信なんて留学の前からついて
いる人はほとんどいません。

大切なことは、躊躇せずに相手の懐に飛び込む気持ちです。

それさえしっかりしていれば、知らず知らずの内に力はついてくるもの
です。いずれにせよ、アメリカの大学は英語力がない生徒を落第させ
たいなんて、これっぽちも思っていません。なんとか、授業について
いけるように教育してあげようという気持ちが強いのです。

ですから、あまり心配せずに、ESLのクラスが必要だと先生たちが思
ったなら恥じだとは思わずに、「英語だけを勉強できる良い機会だ!」
くらいで考えてみてはどうでしょう?

案ずるよりも生むが安し!
2年間で卒業するにしても、サマークラス等を取るようにすれば、多少
の単位のバックアップもできるものです。一つでもクラスを落とすと卒
業することなんてできない….なんてことはありませんので、御心配な
く。

それじゃ、また留学したい学校とか決まりましたら、情報を皆さんにも
分けてあげて下さいね!

頑張って!
(親思いの気持ち、私はとっても好きですよ!)
____________________________________
【英語の表現コーナー】English
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
☆  英語をここで書いておきますので、意味を自分で考えて、   ☆
☆  【お知らせ】の最後にある「訳」を読んでくださいね。(^^) ☆

Never go to bed with dirty dishes in the sink.
____________________________________
【お知らせ】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
シンガポールの友人からかわいい熊のプ~さんの絵文字が送られてきま
した。ちょっと息抜きに!(^^)
/  \      .–.
|    |–._/    |
.’\   /   . `’._/
/           :   \
/             :   )
;          .-.   .-.’
|           ()   _()
|                 `-.
|            ,    (__)
__\           /|     .’)
\’-)____      ; \  .’ /_
`\-.   `-._   `-” .’ /
)  _      `’-….’ .’-.
/`   `.           <    ‘.
/       ‘     –‘   ‘.    \
|         ; .–=       \_.-‘\
|_.—–._;             `-.  \
/|        |        ___…–;  \
; |        \__..–”      \-`   \
:   \        \              |     |
:    \        \             |     /
:     \        ;            /`—‘
\     ‘.      /           /
\    . `—-‘ .       .-‘
`. /          \__..-` |
`|           |      /
|           /     /
|          /    .’__
|       _.’      `  `.
\        `”-.        /
‘._         /____.-‘
‘-.____.’

───────────────────────────────────
【英語の表現コーナー】Japanese

流しに汚れた皿を残したままで床に就くな。
– Life’s Little Instruction Book

<でも、食ったら眠くなるのですよね~…(f^^;)>

───────────────────────────────────
【あなたも参加しませんか?】
★ 留学経験者(留学中)の皆さんへ
あなたの、とっておきの「エピソード」をお待ちしています。
★ 留学に興味のある皆さんへ
留学に関するご質問をお受けします。
★ ご意見のある方へ
お手柔らかに…..(^^;)
>>>>>>>  mailto: crystal.shimazaki@nifty.ne.jp   <<<<<<<<<<<
───────────────────────────────────
◇ メールマガジン『さあ、行こう留学だ!』    配信総数:984
◆ 発行日 :2000年3月2日 週刊(毎週木曜日発行)
◇ 編集発行:クリスタル島崎 mailto:crystal.shimazaki@nifty.ne.jp
◆ HomePage:http://www.tim.hi-ho.ne.jp/fshimazaki
◇ Copyright(C)1999-2000 crystal_SHIMAZAKI All rights reserved.
_/_/_/_/_/_/_/ ◇ Let’s Go! Study Abroad ◇ _/_/_/_/_/_/_/