57.さあ、行こう留学だ![2000年11月9日発行]<第57話 一ドル札の意味>

2000年に発行したメールマガジンのため、現在使われていないメールアドレスや、内容がそぐわない情報もございます。何卒ご理解のほどお願いいたします。


 

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
さ あ、 行 こ う 留 学 だ !
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

   発見とハプニングの連続。留学はとてもエキサイティングな人生の
「探検」だ。さあ、君も行こう留学へ!!

■ 今週の <目次>————————————————■
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
★ 著者から       ………….. 阿吽の呼吸
★ さあ、行こう留学だ! ………….. 第57話 一ドル札の意味
★ How to Study English …………..  世界史の教科書(その26)
★ 英語の表現コーナー<ジョーク編> .. A wife with near  ….
★ お知らせ       ……. NPO-ARIGATOU準備委員会活動状況報告

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
==[PR]==================================================================
☆ PRを載せてくれる企業 大募集! ☆
連絡先:クリスタル島崎 crystal.shimazaki@nifty.ne.jpまで
========================================================================
____________________________________
【著者から】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
皆さん、コンニチハ!

先週1週間、韓国から10人ほどお客さんが来ておりました。
会話はもちろん英語。しかし、日本人も韓国人も、多分ルー
ツが同じからなんでしょうが、全般的に英語のできる人は少
なく、結構大変….?かと思いきや、これがまた、できない
者同士の「阿吽の呼吸」があるもので、それなりにコミュニ
ケーションが成立しておりました。 (^_^;)

しかし、先週1週間私はマスクを掛けての対応で、マ~セクシー
な声で会話をしておりました。 (^_^;)

熱が出ないか気が気ではなかったのですが、一応乗りきることが
でき、ホッとしたのですが、やはりちょっと無理をしたせいでし
ょう、この土日はお昼寝と称して数時間爆睡状態。

明日は人間ドックがあるので、お医者さんから『過労』と診断
されて強制的に1週間のバケーションとなれば嬉しいのですが…。
マ~、たぶんまた中性脂肪の指摘だけでしょうけど…。(-_-;)

そんじゃ!

____________________________________
【さあ、行こう留学だ!】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
<第57話 一ドル札の意味>

アメリカの第43代(?)大統領、決まりませんね~。
不思議な現象ですよね。世界一の国家の「統領」がギリギリの
ところで決まらないのですからね。IT革命なんて言っていても
選挙方法が原始的過ぎると感じるのは私だけでしょうかね~?

さて、アメリカの最小単位の札はご存知の様に1ドル紙幣。
次には2ドル札があるのですが、非常に数が少なく、ほとんど
出まわっていません。

先日テレビを見ていたら、鳴り物入りでこの間のサミットに合
わせて作った「二千円札」がほどんど出回っていないという現
象からすると、もしかしたらアメリカの2ドル札と同様に消え
行く運命にあるのかもしれませんね。

テレビのインタビューに大蔵省の官僚が、二千円札のメリット
を唾を飛ばしながら解説していましたが、その説明がお笑い!
「二千円のものを買うときに、今までは2枚の千円札が必要だ
ったが、二千円札なら一枚ですむ。…..。」と必死で訴えかけ
ていました。コリャ優秀な官僚もこんなもんか?!と笑いたく
なってしまいました。^^;;

ちなみに、2ドル紙幣を財布に入れておくとお金が増えるという
「噂」がアメリカにはあります。

今から十数年前にアルバイトをしていたときにチップで貰った2
ドル札、実は私の財布の中にズ~と入っておりまして期待を込め
てその噂を実証したかったのですが、マ~残念ながら単なる「噂」
だったようです。ちょっと寂しいですが….。(;_;)

でも、これもまた不思議なもので、20ドル札は当たり前の様
に出まわっているのですから、世の中不思議なものです。

さてさて、本題に入りましょう。

でも、何で1ドル紙幣なんて未だに存在しているのでしょう?
だって、1ドルは約110円程度の価値。つまり、日本ではざっく
りと言って100円玉の価値しかないのです。それを、なんで紙幣
にしておくのでしょう?

だって、この日本でさえ100円紙幣なんて、もう30年以上も
前に作るのを止めているのですからね。不思議だと思いません?

正確な理由の程は分かりませんが、多分政府にしても国民にして
もコインを嫌がっているのだと思います。(一応、たしか1ドル
コインなるものも存在はしていると聞いたことはありますから)

さて、何故嫌がっているのだと思います?(^_^)

私は、たぶん「チップ」という制度のためだと思うのです。

以前アルバイトをしていたときに、日当はたったの$5。それに
チップが平均$25ドルだった(15年程前の相場)。と書いた
ことがあると思いますが、いろいろなサービスに対して習慣とし
て渡すチップ、やっぱり貰った方としてはコインよりも「札」の
方が嬉しいものです。

変なもので、25セントのコインを4枚貰うよりも、1ドル紙幣
を一枚貰った方が気持ちが良いものなのです。

それに、チップを渡す方もいちいちコインで渡すよりも、一枚だ
け渡すことで面倒が省けます。

しかし、もしも1ドル紙幣が無くなったらどうなるでしょう?
今までの習慣でお札を一枚渡すとなると、出費が突然かさんでし
まいます。

だから、1ドル札を未だに使用しているのではないでしょうか?

みなさん、どう思われます?

いずれにせよ、当時は一ドル260円。しかし、今は110円程度。

以前、流浪の民、ユダヤ人は自分たちの財産を、移動する際に
かさ張らないダイヤモンドにして持ち歩いたと聞いたことがあり
ます。たしかに、金では重すぎます。それに、お札では、その国
の政府が無くなってしまえば全く価値がなくなってしまいます。

なかなか、考えたものです。

さらに、ダイヤモンドの供給量を一定に保つことで、価値が下が
らないようにコントロールをしているとのことです。しかし、最
近はあの世界経済を牛耳っていると言われているユダヤ人でさえ
も、そのコントロールが効かなくなっていると言われます。

そう考えると、人は自分の財産を減らさないように必死に守りま
すが、ダイヤモンドや紙幣でさえ価値が流動的であるのですから
それに固執してはいけないのかもしれません。

要は、お金を作り出すだけの「知恵」と「生命力」さえあれば良
いのではないでしょうか?もちろん、その根底になければならな
いものは「人に喜んでもらえること」ですけどね。

さあ、頑張りましょう!
それじゃ!

____________________________________
【How to Study English】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
さあ、今回も日本の近代史を英語で読んでみましょう!

|辞書を引いて英語のペースを乱すようなことのないように、とに|
|かく読み進む練習をして下さい。興味のあることに集中して英文|
|を読むことは、大変勉強になります。            |

(注意)歴史の教科書とは言っても、すべての事実か書かれているとは
かぎりません。また、本当に事実かどうかは別の視点で読む
必要があります。人間は私も含めて偏見の塊ですから….。
<The climax of imperialism and the beginning of a new era in Japan>

* The Japanese response to the Occupation *

Japan’s military defeat and subsequent occupation by the conqueror’s
troops marked the third time in the country’s history that it was
subjected to strong doses of foreign influence. Unlike the earlier
occasions, the Japanese were not acting voluntarily. But although
forced to accept changes, they again succeeded to a remarkable degree
in adapting these to their own social and cultural traditions and in
using them to promote renewed growth and fresh achievements.
◇◆クリスタルのひとり言◆◇
アメリカは、日本人に対して「自国を敬愛する念」を奪ったと私は思います。
国粋主義者になれとは言いませんが、自分の国に誇りを持てない人は留学し
ても相手の国の人に『一ランク下』と思われるものです。

____________________________________
【英語の表現コーナー】English <ジョーク編>
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
☆–海外のビジネスマンたちと食事をとると、ジョークを言い合って–☆
☆–誰が一番楽しい話ができるか競うことがあります。そんなときに–☆
☆–と思って集めたジョークをこれからご紹介していきますね。(^^)–☆
☆–笑って英語を勉強して下さい。–☆

Some interesting telegrams………..

A wife with near maturing pregnancy goes to railway station to
return to her husband. At the reservation counter, while her turn
came, it was the last ticket. Taking pity on a very old lady next
to her in the queue, she offered her berth to the old lady and sent
a telegram to her husband which reached as “Shall be coming tomorrow,
heavy rush in the train, gave birth to an old lady.”

____________________________________
【お知らせ】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

ここのところ、数回連続して日曜日発行になっていますね。
会社の仕事キツイために、メールでさえここ1週間読んでもいません。

これから、「強制的」に週の一日は早めに帰宅して、ジムに行くことと、
このメールマガジンを発行すること、そしてNPOの準備をすることををし
ないと、このまま定年まで突っ走ってしまいますよね。

いかん、いかん….!
下記は、まだまだ募集中!
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆–横浜近辺にお住まいの方で実作業(月に1回+αの打ち合せ、—☆
☆–及び作業)をお手伝い頂ける方を募集します。メールでご連絡–☆
☆–下さい。お待ちしています。——————————–☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

───────────────────────────────────
【英語の表現コーナー】ちょっと解説!

* ジョークの場合、英語自体はシンプルなので、特に訳をつける *
* 必要はないでしょう。笑いのポイントだけ解説しますね。   *

前回同様、オリジナルはtelegram用のものです。

気が付きました? berth と birth?!?(^_^;)

───────────────────────────────────
【あなたも参加しませんか?】
★ 留学経験者(留学中)の皆さんへ
あなたの、とっておきの「エピソード」をお待ちしています。
★ 留学に興味のある皆さんへ
留学に関するご質問をお受けします。
★ ご意見のある方へ
お手柔らかに…..(^^;)
★ご質問等に関しては、匿名にてメールマガジンに採用させて頂く
ことがありますので、ご了承下さい。
★登録、削除に関する対応はしていないので、あしからず。(^^;)
>>>>>>>  mailto: crystal.shimazaki@nifty.ne.jp   <<<<<<<<<<<
───────────────────────────────────

◇ メールマガジン『さあ、行こう留学だ!』    配信総数:1,208
◆   まぐまぐ(ID:18707):http://www.mag2.com/    [配信数:1005]
◇   Pubzine (ID:2591) :http://www.pubzine.com/ [配信数: 122]
◆   Macky!  (ID:1824) :http://macky.nifty.ne.jp/[配信数:  81]
◇ 発行日 :2000年11月9日 週刊(毎週木曜日発行)
◆ 編集発行:クリスタル島崎 mailto:crystal.shimazaki@nifty.ne.jp
◇ HomePage:http://www.figurenet.com
◆ NPO-ARIGATOUメーリングリスト:  bestnpo@mail.cocode.ne.jp
◇ Copyright(C)1999-2000 crystal_SHIMAZAKI All rights reserved.

_/_/_/_/_/_/_/ ◇ Let’s Go! Study Abroad ◇ _/_/_/_/_/_/_/