43.さあ、行こう留学だ![2000年8月3日発行]<第43話 学歴詐称?>

2000年に発行したメールマガジンのため、現在使われていないメールアドレスや、内容がそぐわない情報もございます。何卒ご理解のほどお願いいたします。


 

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
さ あ、 行 こ う 留 学 だ !
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

   発見とハプニングの連続。留学はとてもエキサイティングな人生の
「探検」だ。さあ、君も行こう留学へ!!

■ 今週の <目次>————————————————■
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
★ 著者から       ………….. エレベータの指紋?
★ さあ、行こう留学だ! ………….. 第43話 学歴詐称?!
★ How to Study English …………..  世界史の教科書(その12)
★ 英語の表現コーナー  ………….. Instead of loving  ….
★ お知らせ       ……. NPO-ARIGATOU準備委員会活動状況報告

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
==[PR]==================================================================
☆ PRを載せてくれる企業 大募集! ☆
連絡先:クリスタル島崎 crystal.shimazaki@nifty.ne.jpまで
========================================================================
____________________________________
【著者から】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
皆さん、コンニチハ!

毎度!ほんまに暑いでんな~!こんなに暑くてはかなわんわ~!

….私は、関西の人間ではないのですが、関西の人のノリって好きですね~。
カラッとしている。暑さにめげそうになったら、関西弁のノリで乗り切りた
いですよね。(f^^;)

数日前、朝、会社のエレベータに乗りこんだら、神経質そうなおじさんが
乗ってきました。その後、若い人が閉まりそうなドアを押さえて、必死に
飛びこんできました。ちょっと息を切らせてエレベータに乗れた安堵感と
疲れで、左手をドアについて肩で息をしていました。

….マ~こんなの、良くある風景ですよね。

でも、次の瞬間驚きの発言が先に乗っていたおじさんから聞こえました。
「指紋がつくから、ドアに手をつかないように….」です。(@_@;)

確かにステンレスの流し台のような内部なので、手の跡が付くのはわかるの
ですが、よくもマ~、そんなことを言うものだ…と、そのおっさんの顔を
まじまじと見てしまいました。

それと同時に、こんなおやじが上司じゃなくて良かったと、変な意味で
喜んだ朝でした….。(f^^;)

それじゃ!

____________________________________
【さあ、行こう留学だ!】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
<第43話 学歴詐称?!>

どこかの芸能人が、学歴詐称したとか、しないとか話題になったことが
あったけど、学歴ってどんな意味があるのだろうか?

会社に入ってから、ある有名私立大学の経済学部を卒業した後輩に、為
替変動に関する質問をしたところ、基本的なことすら知らずに、逆に私
の方がそれに関連する話をしたことがある。

本来彼はその関連の専門で、私より知っていなければならないはずなの
に、何とも酷いものだった。

しかし、彼の履歴書の学歴は「○○大学 経済学部卒」となっている。

私の尊敬する、大前研一さんだって、彼の最終学歴はマサチューセッツ
工科大学の博士号で、けして、どこかのMBAを取得したわけではない。
だが、彼は世界最高の経営コンサルタントとして活躍している。

そう考えると、結局、学位なんて単に大学や大学院で一番最後に勉強し
た「科目」でしかないことが分かる。最終学歴としての大学(院)が存在
しているに過ぎないのに、何故か一般的に人を判断するための「材料」
に使われている。

現実、私たちも、有名な大学を卒業していると「優秀な人」と相手を判
断し、地方の無名な大学や、高校卒だと「一ランク下」として見る傾向が
あることは否めない。

有名な大学を卒業して、新入社員とし入社してから会社に20年くらい勤
めて、能力もないのに、とにかく管理職にさせてもらい、毎日大した仕
事もせずに時間をつぶしているおじさんたちを何人も見てきたが、哀れ
なものだ。

私が言うもの問題があるかもしれないが、どんなに有名大学を卒業しよ
うが、彼らは、絶対に優秀ではない。断言する。だから、会社も役職に
はつけるけど、責任のある仕事をさせない。

でも、傍らでバリバリと仕事をこなしている優秀な高卒の人たちは、い
つになっても係長止まり、ランク的に彼らの下にさせられている。皮肉
なものだ。

そう考えてみると、大学という「冠」をいったん手に入れると、優秀だ
ろうがなかろうが、安泰な生活をおくれる「定年までの定期券」を手に
入れたと同じに見えてしまう。

しかし、絶対にそんな「歪んだ甘い世界」がそう長続きするわけがない。
近いうちに、崩壊すると私は思っている。

だから、最終学歴がどうであれ、結果的にはその人がどれだけ勉強し、
知識を増やし、判断力を養ってきたかが大切であることを留学を目指す
人達は忘れないでほしい。

それを頭に入れてにして、これからの文章を読んでほしいと思う。

何故なら、「偽造卒業証書」が世の中には存在しているからだ。

たまたま、そういう「裏の世界」とお付き合いのある女性とアルバイト
先で知り合ったとき、冗談半分で「好きな大学の卒業証書のサンプルさ
えあれば、あなたをどこの大学でも卒業させてあげることができるわよ!
卒業証書なんて簡単に偽造できるんだから」と教えてくれたことがある。

たしかに、履歴書に書かれた学歴の確認をするために、卒業証書の写し
を要求されたことはあったが、学校から証明書を取得するようにまでは
要求されたことはない。

だから、ウソの卒業証書であったにしても、きっとばれないのだと思う。

でも、結局学歴なんて、本当の競争社会においては全く意味がない冠で
しかないのだから、自分の正直な気持ちを踏みにじるようなことはしな
いことを望む。

それに、留学して苦労し、一生懸命勉強したからこそ勝ち得た学位は、
どこか「自信」として残るものだ。私は、その自信こそが留学での価値
の最大のものだと思う。これからの人生、堪えがたい苦労でも、自分に
自信さえあれば、乗り越えられるものだからね。

私は、神様ってそんなところを見てくれていると思っている。

それから、彼女によれば「パスポートでさえ作れる」とのこと….。
私が留学していた当時、悪い留学生の間では、お金がなくなったら自分
のパスポートを売ると$1,000くらいにはなる…、なんて話しがあった
くらいだから、『偽物の卒業証書』なんて作ることは大したことないは
ないのだろう。

たしかに、裏の世界では日本のパスポートは高く売れるそうだ。
でも、自分のパスポートが他の誰かに使われて、そいつが国際テロリスト
だったりしたら、悔いが残るからね。そんな話を耳にしても、絶対にその
甘い言葉に乗せられないこと。

私のいたころ、日本人からの留学生の卒業率は、5%未満だったと新聞
で読んだことがある。当時、1ドルが260円になり、一般の日本人でも比
較的楽に留学ができるようになった走りだったから、有象無象の連中が
大勢押し寄せていたからだとは思うけど、ちょっと寂しいと思った。、
この数字はね…。

大体、留学も3年目を過ぎると卒業できるかどうか、自己判断できるよう
になるけど、自分の学歴にウソまでついて生きて行くのはやめたい。
評価してもらうのは、過去の歴史ではなく、「今、そして、これからの
自分」だから….。

それじゃ!(^^)v

____________________________________
【How to Study English】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
第一次世界大戦後の日本の様子を表現している文章です。平和を望んで
いた国が何故第二次世界大戦に参戦してしまったのか、落ち付いて歴史
から学ぶ気持ちを持ちたいですよね。

|辞書を引いて英語のペースを乱すようなことのないように、とに|
|かく読み進む練習をして下さい。興味のあることに集中して英文|
|を読むことは、大変勉強になります。            |

(注意)歴史の教科書とは言っても、すべての事実か書かれているとは
かぎりません。また、本当に事実かどうかは別の視点で読む
必要があります。人間は私も含めて偏見の塊ですから….。
<The climax of imperialism and the beginning of a new
era in Japan>

* Liberal tendencies after the war *
In spite of having plucked the fruits of imperialism, Japan
after World War I seemed to be moving in a liberal direction,
both in domestic affairs and in her international relations.
The antiwar sentiment prevalent for a short time in much of
the Western world was manifest, to a lesser degree, in Japan
and provoked a revulsion against military leadership. Japan
had been associated with the foremost Western democracies
during the war, was one of the “Big Five” at the Paris Peace
Conference, and – in contrast to Wilson’s own United States –
signed the Versailles Treaty and joined the League of Nations.
Twice before in their history the Japanese had revealed a
capacity for adopting what seemed to be the most effective and
up-to-date institutions in the world as they knew it, and many
of their leaders were persuaded that democracy was essential
for progress in the twentieth century. Japanese statesmen were
impressed by the fact that autocratic and militaristic Germany
had been defeated and autocratic Russia and collapsed in
revolution, while the apparently weaker democratic nations had
been victorious. And, although few of these statesmen were
convinced democrats in the full sense of the term, they were
at least desirous of retaining the good will of the democratic
powers which seemed to be in command of the world’s destiny at
the moment.
◇◆クリスタルのひとり言◆◇
つかの間の平和な雰囲気を感じられますよね。
歴史が振り子のように揺れていると私は感じます。

おのおのがIdentityを持って、不和雷同することなく各人の責任に
基づいて判断できるように、、勉強を重ねなければならないと思い
ました。(^^)
____________________________________
【英語の表現コーナー】English
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
☆  まず意味を自分で考えてから、【お知らせ】の最後にある「訳」   ☆
☆  を読んでくださいね。(^^)                   ☆

Instead of loving your enemies, treat your friend a little better.

____________________________________
【お知らせ】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
NPO-ARIGATOUの準備、先々週もから全然出来ていません。(*_*)

「やるやる!」と言っていながら、全然何もしていないので、
まるで狼少年状態であります。

でも、言い訳させてください。今日も仕事を会社から持って返って
終わったのが、午前一時過ぎ。本当に、めちゃくちゃ忙しいのです。
(@_@)

夏休みも取れるかどうか、ちょっと不安だったりしているのですが、
ア~、参っちゃいます。

許して~~!(^^;)

下記は、まだまだ募集中!
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆–横浜近辺にお住まいの方で実作業(月に1回+αの打ち合せ、—☆
☆–及び作業)をお手伝い頂ける方を募集します。メールでご連絡–☆
☆–下さい。お待ちしています。——————————–☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

───────────────────────────────────
【英語の表現コーナー】Japanese

敵を愛する代わりに、味方をもう少しましに扱え。

Ed Howe (U.S. journalist; 1853-1937)

<偽善者へのきつ~い、一言!(f^^;)>

───────────────────────────────────
【あなたも参加しませんか?】
★ 留学経験者(留学中)の皆さんへ
あなたの、とっておきの「エピソード」をお待ちしています。
★ 留学に興味のある皆さんへ
留学に関するご質問をお受けします。
★ ご意見のある方へ
お手柔らかに…..(^^;)
★ご質問等に関しては、匿名にてメールマガジンに採用させて頂く
ことがありますので、ご了承下さい。
>>>>>>>  mailto: crystal.shimazaki@nifty.ne.jp   <<<<<<<<<<<
───────────────────────────────────

◇ メールマガジン『さあ、行こう留学だ!』    配信総数:1,093
◆   まぐまぐ(ID:18707):http://www.mag2.com/    [配信数:903]
◇   Pubzine (ID:2591) :http://www.mag2.com/    [配信数:131]
◆   Macky!  (ID:1824) :http://macky.nifty.ne.jp/[配信数: 59]
◇ 発行日 :2000年8月3日 週刊(毎週木曜日発行)
◆ 編集発行:クリスタル島崎 mailto:crystal.shimazaki@nifty.ne.jp
◇ HomePage:http://www.figurenet.com
◆ NPO-ARIGATOUメーリングリスト:  bestnpo@mail.cocode.ne.jp
◇ Copyright(C)1999-2000 crystal_SHIMAZAKI All rights reserved.

_/_/_/_/_/_/_/ ◇ Let’s Go! Study Abroad ◇ _/_/_/_/_/_/_/